東芝、野菜の量に応じて湿度をコントロールする冷蔵庫など3機種

2015.4.23 11:36配信
「GR-H38SXV」には野菜室内に「うるおい補給カセット」を搭載。低湿度になると湿度を高め、野菜の乾燥を防ぐ

東芝ライフスタイルは、野菜の量に応じて湿度をコントロールする「うるおい補給カセット」を野菜室に新搭載した「GR-H38SXV」など、3ドア冷蔵庫の新製品3機種を5月中旬に発売する。

「GR-H38SXV」は、冷凍室と野菜室をしっかり断熱材で仕切り、気密性を高めることで野菜室の湿度を逃さない「うるおいラップ野菜室」に、「うるおい補給カセット」を新たに搭載。湿度80~60%の範囲で水蒸気の吸収・放出を行う調湿シートを入れることで、野菜の収納量が多い高湿度時には、水蒸気を吸収して蓄え、野菜の収納量が少ない低湿度時には、蓄えておいた水蒸気を放出して、野菜の乾燥を防ぐ。

また、「GR-H38SXV」には冷蔵室内の全段に強化処理ガラスを採用。庫内奥のLEDライトの光が冷蔵室の棚を透過して行き渡るので、庫内全体が明るく見やすいほか、汚れも拭き取りやすい。このほか、節電機能「eco モード」や、「Ag低温触媒」による除菌・脱臭機能を搭載する。正面ドア素材は、クリアガラス。定格内容積は375L。カラーは、クリアシェルホワイトとクリアブラウン。

あわせて発売する375Lの「GR-H38S」と、340Lの「GR-H34S」には「うるおい補給カセット」を搭載しない「うるおいラップ野菜室」を採用した。ともに、ガラス棚はチルドルーム天井板のみで、ドア素材には鋼鈑を採用した。カラーは、それぞれピンクゴールドとシルバーの2色。

サイズは、375Lの「GR-H38SXV」と「GR-H38S」が、幅600×奥行き672×高さ1734mm。340Lの「GR-H34S」が幅600×奥行き672×高さ1608mm。全製品が、野菜室を3ドアの中央に配置する。価格はオープンで、実勢価格は、375Lの「GR-H38SXV」が18万円前後、「GR-H38S」が15万円前後、340Lの「GR-H34S」が14万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング