10年前と比較し、子宮頸がんと診断される20代女性が急増しています。国や都では、子宮頸がん検診を20歳から2年に1回受診するよう呼びかけを行っていますが、20~29歳の女性の7割は定期的に検診を受けていないことが分かっています。 こうした状況を受け、このたび東京都では、20歳代後半から急増している子宮頸がんの検診受診率を高めるため、20歳代の女性に向けて、子宮頸がん検診の大切さを伝えるショートムービーを平成30年11月21日から公開いたします。公開中はショートムービーを紹介する特設サイトも開設しますので、ぜひご覧ください。 (特設サイトURL: https://www.daijina-watashini.com )





20代女性で子宮頸がんと診断される人が急増】
10年前と比較し、子宮頸がんと診断される20代女性が急増しています。子宮頸がんの罹患率は特に20歳代後半から増加し始め、30歳代後半~40歳代でピークを迎えるため、若いうちから検診を受け続けることが重要です。


初期段階での発見で、5年生存率が90%以上に】
初期の子宮頸がんは、多くは自覚症状がありません。そのため、「子宮頸がんにかかっている」と自分で気が付くことは困難です。しかし、検診で早期に発見できれば、そのほとんどが治癒することが分かっています。発見時の進行度に応じた5年生存率  … ステージI期の場合 92.4%  / ステージIV期の場合 19.5%

【20~29歳の女性の7割は早期発見に繋がる検診を受けていない】
国や都では、子宮頸がん検診を20歳から2年に1回受診するよう呼びかけを行っていますが、20~29歳の女性の7割は定期的に検診を受けていないことが分かっています。


【谷まりあさんらが子宮頸がん検診応援ガールズとなって、同世代女性に受診の呼びかけ】
このたび、若い女性に向けて子宮頸がん検診の受診を促すため、モデルやタレントとして活躍し、若い女性から人気を集めている谷まりあさん、西村歩乃果さん、武田あやなさんが子宮頸がん検診応援ガールズとして、自分で自分を大事にしようと呼びかける15秒の映像を作成いたしました。

子宮頸がん応援ガールズ コメント
谷まりあさん
「女性が若くても子宮頸がんになる可能性があることを普段意識していなかったので、症状などを知って怖くなりました。でも、同時にちゃんと検診を受ければそんなに怖いものでもないこともわかりました。自分だけでなく家族や友達のためにも検診を受けましょう。」

西村歩乃果さん
「今まで他人事だと思っていた子宮頸がん、女性なら誰でもかかってしまう可能性があると聞き、びっくりしました。初期症状がなく、自分では気付くことが出来ないので、めんどくさがらず検診に行くことをオススメしたいです!」

武田あやなさん
「子宮頸がんは20代でもかかることを知りとても怖くなりました。 自分には関係のないことだと思っていたけど初期段階では自分で気付くことが出来ないので、定期的な検診を受けることが大切なんだと知りました。」

ストーリー
食べること、運動すること、お肌にカラダ。自分のケアに忙しい若い女性に、大事なケアのひとつとして、子宮頸がん検診を受けてほしい。子宮頸がん検診応援ガールズが、東京都がん検診啓発キャラクターのモシカモくんと、検診の大切さを呼びかけます。





谷さん) わたしのことは、わたしがだいじにしたい、ケアしたい。



モシカモくん) だけど!大事なケアを忘れているカモ。子宮頸がんは定期的な検診が大切です。



谷さん) だいじなわたしに。

●ショートムービーを紹介する特設サイト
公開期間:平成30年11月21日(水曜日)から 平成31年3月31日(日曜日)まで
URL:https://www.daijina-watashini.comこちらのページからショートムービーをご覧になれます。



【子宮頸がん応援ガールズ プロフィール】
谷まりあさん       西村歩乃果さん      武田あやなさん

谷まりあさん(モデル・タレント、生年月日:1995年7月28日、血液型:B型)
西村歩乃果さん(タレント・アイドル、生年月日:1995年1月28日、血液型A型)
武田あやなさん(モデル、生年月日:1995年4月7日、血液型:B型)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます