スリルもドラマも前作を上回る『シャーロック ホームズ2』

2015.4.24 16:10配信
ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』稽古場より ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』稽古場より

韓国発の人気ミュージカルシリーズ、『シャーロック ホームズ』3部作。そのシーズン2となる『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』日本初演の幕が間もなく上がる。初日まで2週間を切った4月中旬、都内で行われた通し稽古を取材した。

『シャーロック ホームズ2』チケット情報

昨年上演されたシーズン1『アンダーソン家の秘密』は、韓国クリエイター陣の自由な発想と、日本版キャストの軽やかな演技が見事に融合した上質な舞台だった。ミュージカルにおける歌というと、心情をドラマティックに吐露するためのものというのが言ってみれば定石だが、本作では事件の概要も名探偵ホームズの推理も歌で表現される。また、助手のワトソンは女性の設定となっており、描かれるのもコナン・ドイルの原作とは異なるオリジナルストーリー。その礎の上に、ホームズ役の橋本さとしやワトソン役の一路真輝ら達者なキャスト陣が、魅力あふれる人物造形で花を咲かせていた。

大きな成功を収めた作品の続編には困難がつきものだが、通し稽古を見る限り、韓国側の発想の自由さも日本版キャストの魅力も、むしろ前作を上回っている印象だ。何しろ今回は、架空の存在であるホームズを、切り裂きジャックという実際にあった未解決事件と対峙させている。5人の売春婦が変死体で発見された、猟奇的な殺人事件の捜査を依頼されたホームズ。見えない犯人に向け、ある罠を仕掛けるホームズだったが、そんな彼をあざ笑うかのように新たな殺人事件が起こり……。物語は、「犯人は誰か」という一本の筋のみで引き付けるのではなく、その裏にある人間ドラマを次々と浮き彫りにしながら進んでいく。

橋本は、エキセントリックさと茶目っ気を併せ持つホームズという基本像は前作のままに、自信を失って悩むホームズという新境地も開拓。しっかり者のようでいてどこか抜けている一路ワトソンにもまた、知られざる一面を印象付ける見せ場が用意されている。そんなふたりが、緊迫感あふれる展開のなかで時折見せるコミカルな掛け合いに、稽古場が笑いに包まれる一幕も。そして新キャラには、別所哲也、秋元才加、小西遼生・良知真次(Wキャスト ※この日は良知真次バージョンでの通し稽古)ら。橋本と別所、日本ミュージカル界が誇るふたりの役者ががっぷりと組んで奏でる重量級のハーモニーは、本番でも間違いなく大きな見どころとなるだろう。

約3時間に及んだ通し稽古のあとは、演出の板垣恭一によるダメ出しタイム。繊細な心理表現を求める板垣に対し、納得いくまで質問を繰り返し、貪欲に役を深めようとする秋元と良知の姿が印象に残る。単なる推理劇ではなく、悲しくも美しい人間ドラマを届けたい──そんな思いがカンパニー全体から滲む稽古風景だった。

公演は4月26日(日)から5月10日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウス、5月16日(土)・17日(日)福岡・キャナルシティ劇場、5月21日(木)から24日(日)まで兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールにて。チケット発売中。

取材・文:町田麻子

いま人気の動画

     

人気記事ランキング