愛知県といえば自動車や航空機が有名ですが、その他に繊維や陶器などが有名で「ものづくり県」とも呼ばれています。

そんな愛知県は、「○○の発祥地」などといわれることが多く、観光の時に立ち寄ってみたい素敵なスポットがたくさんあります。

今回は、名古屋からちょっぴり足を延ばしたエリアにある、愛知のお勧めスポットをご紹介します。

愛知といえばアノ商品の発祥地!!

愛知県の碧南町にある〈七福醸造 ありがとうの里〉は、愛知県内はもちろん、全国の料理好きからも人気が高い日本で唯一の“白しょうゆ”の専門メーカー、そして国内で初めて「白だし」を開発した蔵元です。

土日祝日・お盆・年末年始以外は、予約をすれば工場見学ができるので、観光&お土産スポットとして立ち寄る人も多いそう。

売店で試食が楽しめる

工場見学では、白だしができるまでの工程や七福醸造の社訓、「誠意と奉仕」の想い「ありがとう」の文字で書き記した醤油仕込みタンクや、創業当時に使用していた大きな木樽などを見学することができます。

工場内を見学していたら、七福醸造のゆるキャラ「白だっしー」が登場!!

よくみるとエプロンのひもが昆布、手には魚、そしてお尻には、しいたけが付いています。

タイミングよく会うことができたら、記念撮影をお願いして旅の思い出の1つにしてみては?

すごくカワイイ「白だっしー」

見学した後は、売店で出汁を使ったお料理を試食することができます。

白だしは、忙しい日の朝食代わりにサッとお湯で割って飲んでもOK!私は小腹がすいた時などに、昆布茶感覚で飲んでいます。お漬物や炊き込みご飯など、いろいろ使えて便利なのでお土産にお勧めです。

私は白だしと、野菜白だしの2本を購入しましたが、仕事中の空腹を紛らわしたりいろいろ重宝しています。

【七福醸造 ありがとうの里】

住所:〒447-0869 愛知県碧南市山神町2-7
七福醸造株式会社 碧南工場 ありがとうの里
TEL:0566-41-1508 
営業時間:午前9時~午後4時 (入場は午後3時まで)

白だしを使用したグルメを実食

七福醸造のすぐそばにある「小伴天 はなれ 日本料理 一灯」で、先ほど見学した工場で作られた出汁を使用したお料理を頂けるお店でお昼ご飯を食べることに。

愛知の食材にこだわったグルメスポット

同店の店主、料理プロデューサーの長田勇久さんは、地元の生産者の方々と交流を深め、食文化の発信や活動を行っています。

旬菜をたっぷり使った前菜

南三河の良質な食材の産地で、伝統の野菜や魚介類、そして白醤油、みりん、豆味噌などを使用したお料理でおもてなしをしてくれます。

1つ1つ丁寧に作られたお料理は、愛知の恵みをギュッと凝縮させたような贅沢な味わい。

旬の食材を出汁などでシンプルに味付けしてあり、素材の美味しさを余すことなく味わうことができます。

三河赤鶏の照り煮

野菜、お魚、お肉など、愛知県の食材を一通り味わうことができるので、碧南市へきたらぜひ立ち寄って味わっていってほしいお店です。

【小伴天 はなれ 日本料理 一灯】

住所:〒447-0874  愛知県碧南市作塚町1-16
TEL:0566-48-7838
営業時間:【月・火・木~日】ランチ 11時30分~14時 ディナー 18時~21時

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます