水谷豊主演『王妃の館』公開初日 「同じ“右京”でもこちらは天才小説家です」

2015.4.25 13:36配信
天才小説家北白川右京を演じた水谷豊

 映画『王妃の館』公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の水谷豊、 田中麗奈、吹石一恵、安達祐実、石丸幹二、橋本一監督ほかが登壇した。

 浅田次郎氏の同名小説を映画化した本作は、パリの一流ホテルを舞台に、“いわくつき”のツアーに参加した天才小説家北白川右京(水谷)をはじめとする個性豊かなツアー客たちの人間模様を描く。

 「相棒」シリーズの杉下右京役で知られる水谷は、客席からの大歓声に「メルシー」と応じると「同じ“右京”でもこちらは天才小説家の北白川右京です」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。

 公開初日を迎え「テレビの場合は1回目の放送でも、多くの方が見てくれているという実感はない。でも映画の場合は実感がありますね…」と感慨深げに客席を見渡すと「なんかちょっと普段と違う気持ちになります。今日ばかりは特別ですね」と熱い思いをかみしめた。

 また完成作を共に鑑賞したという浅田氏について「とても心の広い方」と紹介した水谷は、「普通原作者にとって、自分の作った小説というのは子どものようなもの。そう簡単に変えられては困るというのが本音だと思う。ところが浅田さんは『原作は原作。映画は映像の世界でご自由にお作りください』とおっしゃる方。これはとてもうれしいこと。ですから我々も、原作にある浅田さんの魂、これだけは守りますと言って撮影に入りました」と裏話も披露した。

 また、撮影ではキャストと共にパリに22泊も滞在したが「今回は本当に素晴らしいメンバーだった。普通これだけ長い滞在になりますと、人間関係が怪しくなるのですが、今回は全くそういうことがありませんでした」と振り返り、笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング