映画『ドラゴンエイジ』でボイスアクトを務めたGACKT、悪の美学を語る

2012.2.23 17:47配信
GACKT

公開中の映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』でボイスアクトを務め、主題歌『UNTIL THE LAST DAY』も書き下ろしたGACKTが、演じたナイトコマンダーのようなヴィラン(悪役)に惹かれる理由を明かすとともに、表現者として悪の美学を追求したい野望を語った。

その他の写真

GACKT演じるナイトコマンダーは、世界を統治する教会に仕える騎士カサンドラ(栗山千明)を追う騎士団のリーダー。教会存亡にまつわる陰謀の濡れ衣を着せられたカサンドラを執拗に追う勇猛な男に「純粋な悪を感じた」とGACKTは惹かれた理由を明かす。「彼は信念を持っている悪で、自分の立場を自覚している悪だね(笑)」とキャラクターを分析した上で、「言ってみればダースベイダー(『スター・ウォーズ』)みたいな悪じゃないかな」と映画史で超有名な悪の権化に例えて解説する。「たとえばヒーローや良い側の人間には迷いがあることが多いけれど、この種のヴィランには迷いが一切ない。そういうの、いいよね。気持ちいい(笑)。僕がヴィランに惹かれる理由だよね」とダークサイドの魅力を力説した。

悪の魅力のほか、全世界で600万本を売り上げたRPGを映画化した本作には、血生臭い壮絶なバトルが再現されていることも話題の的。GACKTが歌う主題歌『UNTIL THE LAST DAY』には、人が“戦わなければならない意味”が込められている。「この曲は死を目前にした戦士が、逃げ出そうとしている男に『本当に怖いことは死ぬことじゃなく、逃げることを選択した生き方だ。だから最期の瞬間まで戦い続けよ』と言う。それを上から目線の力強いメッセージで伝えている」と楽曲のコンセプトを語ったGACKT。「相手を傷つけることではなく、弱い自分と向き合うことが戦うこと」という持論のGACKTは、「誰でも逃げ場所を失くせば、絶対に戦えるはずだよ」と人間の可能性を信じて、その想いを曲に託したという。

最後に「悪を演じることは楽しい。僕はドSの人間だけれど、それが全面に出せるからね(笑)」とヴィランを満喫したことも吐露したGACKTだが、アメコミ映画の敵役がイメージに合うと告げると、「鋭いね(笑)」とうなずいた。「今後ハリウッドで表現したいキャラクターは、完全に悪役だね。ヴィランにこそ美学があり、その狂気こそ最大の美。目を背けたくなるけれど観てしまう、魔力的な美が悪には存在する。そこを表現したいよね(笑)」。

『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』

Blu-ray&DVD『ドラゴンエイジ-ブラッドメイジの聖戦-』

CD『UNTIL THE LAST DAY』

(C)2011 Dragon Age Project. All rights reserved by FUNimation / T.O Entertainment

取材・文:鴇田 崇

いま人気の動画

     

人気記事ランキング