2018年11月9日に埼玉県飯能市にオープンした「メッツァ」は、北欧のライフスタイルやムーミンの世界観を体験できる施設です。

来春オープンの「ムーミンバレーパーク」の前に、先行オープンした入場無料のエリアをレポートします。

飯能駅からバスで13分!憧れの「北欧の世界」へ!

西武池袋駅から特急電車「レッドアロー号」で約40分の場所にある、「飯能駅」に到着。

改札から出たら、北口の1番乗場より「メッツァ」直通バスに乗ります。

バスに揺られること13分ほどで、豊かな自然に囲まれた「メッツァ」に到着しました。

メッツァとはフィンランド語で「森」のことだそうで、その名の通り、バス停から降りてすぐのエントランスロードは、小鳥のさえずりが聞こえ、森をハイキングしているような気分になります。

池袋から1時間かからない場所に、こんなに気持ちのいい場所があるなんて!!

……って、実は飯能市は取材で何度か来ているので自然が豊かなことは知っていましたが、湖の方から吹いてくる風がとっても爽やかでメチャクチャ癒される。

もうエントランス部分から「北欧ライフ体験」は始まっています。

北欧風のかわいい建物が見えてきた

のんびりとした歩調で森林浴を楽しみながら進んで行くと、目の前には北欧風の建物が見えてきます。

建物は、今回オープンした「マーケット棟」と「レストラン棟」。

まずは2階に上がり、「宮沢湖」を一望。コンパクトでありながらも良好な景色が楽しめます。

湖に浮かぶカヌーを見ているだけでも癒される
「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます