大泉洋「僕の手をなぎなたに」 セクハラを疑われ大慌てで釈明

2015.4.27 20:20配信
 (左から)内山理名、大泉洋、戸田恵梨香

 映画『駆込み女と駆出し男』のプレミア試写会が27日、東京都内で行われ、出演者の大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、陽月華、神野三鈴、武田真治、橋本じゅんと原田眞人監督が出席した。

 本作は、江戸時代の離婚をモチーフにした人情劇。キャスト陣は晴れ着とはかま姿で登壇し、大泉は“駆込み女”の一人を演じた戸田と共に人力車に乗ってステージ上を一周した。

 大泉は「好き好んでこのような格好で来たわけじゃない。着ている衣装は映画とは一切関係なく、映画では地味な格好をしております」と説明し、自身のはかま姿に納得がいかないのか「鏡を見るとどうしてもばかな殿さまに見えてしまって。そのような映画ではございません」と語り、笑わせた。

 この日もおなじみの軽快なトークで会場を盛り上げた大泉だが、現場のムードメーカーについては「樹木希林という物すごい人がいた。私のムードなんてぶち壊される、とてつもないムードを持った方がいらっしゃったので、樹木希林さんのお話をよく聞いていました。ブラックな話が多くてご紹介できないのですが」と明かした。

 また“座長”大泉の印象を問われた陽月は、なぎなたを想定したけいこ中に「大泉さんが『僕の腕を使うかい』と言ってくださって、大泉さんの腕をなぎなたに見立てて稽古をしました」と答えた。

 これに対し「セクハラじゃないですか?」と鋭い突込みが入ると、大泉は「ジェントルじゃないですか。そもそもその話をしちゃいますか。あまりに一生懸命にやっていたから『私の手をなぎなたに』と言ったのかもしれない」と大慌てで釈明した。

 映画は5月16日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング