市村正親、子供と自宅で『ART』ごっこ!?

2015.4.28 15:50配信
左から、益岡徹、市村正親、平田満 左から、益岡徹、市村正親、平田満

4月28日より東京・サンシャイン劇場で上演される舞台『ART』。同作の開幕に先がけて、前日の27日に会見が行なわれ、出演する市村正親、平田満、益岡徹の3人が出席した。

【チケット情報はこちら】

同作は1994年にフランス・パリで初演されたヤスミナ・レザ作のコメディ。仲の良い中年男性が、高価な絵画をめぐって大喧嘩をするというストーリー。フランスでモリエール賞を受賞したのち、35を超える国で翻訳され上演。日本では1999年に今回と同じ市村、平田、益岡の3人で上演され、今回16年ぶりの再演となる。

市村は「16年前といっても昨日のことのよう。ただ稽古をしていていると、ふたりのしわの数とか白髪とかが気になって、多分相手も同じ所が気になっているんだろうな、と思っています(笑)」とコメント。すると益岡は「そんな事は思ってませんよ(笑)。こうして今回16年ぶりに再演できることの喜びを噛みしめながら、舞台のうえではケンカしています(笑)」と切り返した。続けて平田も「16年ぶりとは思えないですね。こうして外見は変わりましたが、内面は変わっていない。僕に関しては成長していないので、むしろ16年前より余裕なくやっています(笑)」と3人とも、笑いを交えて語った。

またこうして初演のキャストで16年ぶりに再演できることに関して「16年前にやった時に、“歳をとった時に、この作品もう一回やってみたいね”って言ってたんですよ。おふたりとはほかの作品や、プライベートでも交流はあったんですが、この作品を一緒にやりたいと思っていたので、本当に嬉しいです」(市村)。「普通再演といったら5年ぐらいまでで、次の代の方に受け継ぐもの。市村さんの言うとおり、この歳になってまた3人でできるというのは幸せです」(平田)と話した。

16年前との芝居の違いについて聞かれると、市村は「16年前はまだ把握できなかったセリフも、今回稽古してみて、実感で言えるセリフが増えたなって思います。あと、演出のパトリスにも“3人は思いっきり悲劇を演じてくれ。それをお客さんが見るとおかしくてしょうがないんだ”と言われていて。だからお客さんの前で演じるのが今から楽しみですね」と説明した。またプライベートでも「16年前はまだ結婚していなかったし、子供もいなかった。今回はふたりの息子と自分の3人で、家でARTごっこをしています(笑)。僕が平田さんの役でいじめられていますね(笑)」と語った。

同作をどんな人に見てもらいたいか、という質問に市村は「若い方は大人気ないと笑ってもらえたら良いし、大人の人は“自分もそういう所あるな”って思えると思います。なので老若男女みなさんが笑えるお芝居です。初演を見た方も、16年経ってまたハマれると思いますので、ぜひ観に来てください」と話した。

舞台『ART』は4月28日(火)から5月10日(日)まで、東京・サンシャイン劇場で上演。その後、京都、愛知を周る。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング