オープン当初から話題の「ことりカフェ」は、開店から1年経つ今もカワイイ物好きの女子や動物好きからの注目が高く、未だ人気が衰えていません。それどころか、次々にアイデアが飛び出し、連日たくさんの人で賑わっています。今回は、うららかな季節のお散歩にピッタリな「ことりカフェ」をたっぷりとご紹介させていただきます。

爽やかなミントグリーンのドアを開けると、そこは「ことりパラダイス」だった!!

青山の骨董通りを南青山六丁目交差点方面に進むと、「ことりカフェ」を案内する看板が。

立て看板に「もふもふの部屋」と書いてあります。・・・・・と、いうことは、カワイイことりをモフれる部屋があるってことですね!?
動物系カフェが初めての牡丹餅は、どのようなシステムになっているのかを全く知りませんのでちょっとドキドキワクワクしちゃいます。

お店の前に差し掛かると、さっそくウィンドウ越しにキレイな色をしたことりたちが見えてきます。

「うわー、カワイイ、キレイ!!」

牡丹餅が興奮しているにも拘らず、真ん中の3羽は気持ちよさそうに目をつぶって寝ています(笑) この寝姿にさっそく癒されます。

・・・って言うかさっきから鳥と打ち込むと、「鶏」とばかり変換されてしまい、何度打ってもなかなか変わらない。私のPC・・・食いしん坊仕様!?(笑)
今回は食べる「鶏」ではなく、キレイでカワイイ「鳥」さんたちですよ。
それでは、お店の中をご紹介しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます