瑛太、主演作『モンスターズクラブ』への思いを語る

2012.2.24 14:52配信
『モンスターズクラブ』のプレミア試写会に登壇した瑛太

豊田利晃監督の最新作『モンスターズクラブ』のプレミア試写会が23日に都内で行なわれ主演の瑛太、窪塚洋介、草刈麻有、KenKen、ピュ~ぴると豊田監督が舞台あいさつに登壇した。

その他の写真

本作は豊田監督が“ユナボマー事件”と呼ばれる爆破事件を起こした実在の人物にインスパイアされて制作した作品。瑛太は社会と断絶した環境に身を置き、企業に爆弾を送り続ける主人公を演じている。

「運命みたいな必然性が目の前にやってきたのでそれにしっかり応えたいと思った」と瑛太。豊田監督は「瑛太の今まであまり出していなかったストイックな部分を引き出せるのではないかと思った。この映画は瑛太でよかった」とキャスティングの理由を明かし、「サバイバルをテーマにした映画なので過酷なところを選んだが、寒すぎた」と昨年2月に敢行した山形県最上町での撮影を振り返った。

「豊田監督とずっと前から一緒に仕事をしたかった」という窪塚は「世の中に対する怒りや憤りだとか、役者をやっていてもこんな台詞を言えるチャンスは一生ないと思った。光栄です」と述べ、「今だからこその映画になったと自負しています。この作品が世界を変える爆弾になれば」と胸を張った。

最後に瑛太は「撮影中は辛いこともあったけれど、窪塚さんがずっと一緒にいてくれたことで救われた。死生観ってなんだろうとかいろいろな話をした。僕の背中を押してくれたのは監督であって窪塚さんだった。僕は何かと決別できたんじゃないかと思う」と作品への並々ならぬ想いを語った。

『モンスターズクラブ』
4月21日(土)ユーロスペースほかにてロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング