【写真21枚】「スター・ウォーズ展」現地レポ ファン垂涎! 本物のライトセーバーやコスチュームも勢ぞろい

2015.4.30 17:30

六本木ヒルズ展望台スカイギャラリーで開催中の「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」を現地レポート。世界初公開のアート作品約60点ほか、本物のライトセーバーやコスチュームなど、ファン垂涎の展示が目白押しです。

©&TM Lucasfilm Ltd.

デス・スターがお出迎え!
スター・ウォーズの「ビジョン」をテーマにした展覧会

スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」が六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリーで始まりました。

世界中の様々なアーティストが描いた『スター・ウォーズ』のアート作品展示と共に、「ビジョン」をテーマにした『スター・ウォーズ』のコンセプト・アート、衣装、日本のために作られた模型などが一堂に会する展覧会です。

メインエントランスでは、頭上にデス・スターが登場。

ここでは15分ごとに音と光の特別演出(約1分間)が行われます。

ここからは、『スター・ウォーズ』の魅力である壮大な物語性「サーガ」と、広大な世界観「ギャラクシー」を軸に構成された7つのビジョンを順番にご紹介していきます。

 

日本のための展示も~スター・ウォーズの原点~

「The Original Vision ~スター・ウォーズの原点~」では、『スター・ウォーズ』の原点であるインスピレーションの原点を辿ります。

ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』を構想するにあたり、神話学の伝統的なストーリーテリング、『フラッシュ・ゴードン』の宇宙冒険活劇、黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』の登場人物設定からインスピレーションを得て、“全く新しい宇宙” を創造しました。

このビジョンでは、ジョージ・ルーカスの足跡、『スター・ウォーズ』6作品の概要を紹介するほか、黒澤明監督への敬愛を中心とした『スター・ウォーズ』と日本の関わりについても展示されています。

 

本物のライトセーバーも~フォースの光と影~

©&TM Lucasfilm Ltd.

「Vision of FORCE ~フォースの光と影~」では、フォースが持つ力に迫ります。

『スター・ウォーズ』の根底に流れるフォースとは、あらゆる生命体から発せられるエネルギーであり、銀河を一体に結びつけている神秘的な存在です。

フォースには光明面(ライトサイド)と暗黒面(ダークサイド)があり、ライトサイドを信奉するジェダイ騎士団、ダークサイドを信奉するシスに分かれています。

このビジョンでは、映画で実際に使用されたライトセーバーと共に、フォースをテーマとしたアート作品が展示されています。

ジェダイとシスのライトセーバーの違い、登場人物によるライトセーバーの違いをじっくり見ることができます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント