新国立劇場の新しい「椿姫」は主演のボブロに注目!

2015.4.30 20:3配信
新国立劇場オペラ「椿姫」立ち稽古より 新国立劇場オペラ「椿姫」立ち稽古より

19世紀のパリ。社交界の夜の華として君臨する高級娼婦ヴィオレッタが、真実の愛に目覚め、しかしその愛ゆえに別離を選ぶ悲劇──。ヴェルディのオペラ《椿姫》は、幕開け早々に置かれた有名な〈乾杯の歌〉を始め、名曲が次から次に惜しげもなく登場する、「オペラ」というジャンルを代表する傑作だ。ずば抜けて人気も高い。まもなく幕を開ける新国立劇場の《椿姫》。初日を2週間後に控えた4月26日、立ち稽古が行なわれている劇場を訪ねた。

新国立劇場オペラ「椿姫」のチケット情報

この作品で一番重要なのは、何と言ってもヴィオレッタ役だ。ほぼ出ずっぱりで演じなければならないこの圧倒的な主役に起用されたのは、スロベニア出身のベルナルダ・ボブロ。新国立劇場初登場となる。2012年にウィーン・フォルクスオーパーとも来日していたが、多くのファンが彼女の名前に注目したのは、その数か月前に英国ロイヤル・オペラで演じたヴィオレッタ役での成功だろう。彼女の当たり役なのだ。

稽古だからいくぶんセーブはしているのだろうけれど、そうとは思えない。高音の厄介な技巧が要求されるナンバーも余裕しゃくしゃく。ストレスなく美しく響く声は実に気分爽快だ。中音域の声にも説得力があるので、たとえば第二幕で、恋人アルフレードと彼の家族のために身を引く決心をする場面の、心情の移り変わりも巧みに描写する。ヴィオレッタは幕ごとに異なるキャラクターを要求される役なので、その歌い分け、演じ分けも見どころのひとつとなる。

ヴィオレッタの恋人アルフレード役には、2013年ミラノ・スカラ座、2014年ローマ歌劇場と、近年続けて来日しているイタリア・テノールの新星アントニオ・ポーリ。柔らかい真っ直ぐな美声が、純情だが直情的な田舎の青年貴族にふさわしい。アルフレードの父ジェルモン役は、メキシコ出身のバリトン、アルフレード・ダザ。実年齢はまだ若いものの、温かみのある声と情熱的な歌唱で父親役を演じる。このふたりも新国立劇場初登場だ。

《椿姫》は、新国立劇場でもすでに繰り返し上演されてきた演目だが、今回は演出や舞台装置、衣裳などすべてを刷新したニュー・プロダクション。これが日本での初仕事となるフランスの気鋭の演出家ヴァンサン・ブサールが演出と衣装を手がける。新しい《椿姫》の幕が上がるのを楽しみに待ちたい。5月10日(日)から26日(火)まで、全6公演が予定されている。

文:宮本明


■新国立劇場オペラ「椿姫」
5/10(日) 14:00開演
5/13(水) 14:00開演
5/16(土) 14:00開演
5/19(火) 19:00開演
5/23(土) 14:00開演 ★ぴあスペシャルデー
5/26(火) 14:00開演
新国立劇場 オペラパレス(東京都)

★ぴあスペシャルデー:ぴあ貸切公演。プレイガイドでのチケット販売はチケットぴあのみとなります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング