布施明、デビュー50周年を記念したコンサート開催

2015.5.1 13:30配信
布施明 布施明

今年、デビュー50周年を迎えた布施明が、『デビュー50周年記念コンサート ~次の一歩~』と題した東名阪ツアーを開催。5月9日(土)、ツアーファイナルとなるコンサートを東京・東京国際フォーラム ホールAにて開催する。

【チケット情報はこちら】

1965年、『君に涙とほほえみを』でデビュー。伸びやかで力強い歌声で人気を博し、『霧の摩周湖』、『恋』、『愛は不死鳥』など、ヒット曲を次々と発表。1975年、『シクラメンのかほり』が大ヒットし、日本レコード大賞などその歳の音楽賞を総なめ。『NHK紅白歌合戦』に過去25回も出演するなど、華やかな50年の音楽人生を布施はこう語る。

「デビュー曲『君に涙とほほえみを』を聴き返すとね、17歳の少年が必死こいて歌っててすごく良いんです。いま、どんなに上手に歌っても敵わない(笑)。あれから50年経ちますが、歩みを止めて振り返ることは怖くて出来ないですね。常に1歩でも半歩でもいいから前に進みたいという気持ちだけで、ここまで来たような気はします」(布施)

今年の3月には自身のヒット曲に加え、『次の一歩へ』など未発表の新曲も加えたアルバム『布施明 50周年記念セルフカバー プレミアムセレクション~思いの丈すべて込め~』をリリース。札幌交響楽団やビッグバンドが演奏した曲から、ギター1本で聴かせる曲まで幅広い楽曲を収録。デビュー50年の思いの丈をすべて込めた今作に、なみなみならぬ音楽への愛と情熱を感じる。

「僕はどんな作品も完成した瞬間、安心するのと同時に「ああすれば良かった」と反省が始まるんです。そこで今回、50周年というきっかけにやり残したことを取り戻しに行くという気持ちで今作を制作したのですが、完成してみると、やはり後悔が残るんですね(笑)。でも、それがまた次の1歩を踏み出させてくれるし、超えることのできない地平線を超えるため、これからも歩き続けていくんだろうと思うんです」(布施)

今年3月、昨年より行われていた全国ツアー『AKIRA FUSE LIVE 2014-2015 ~次の一歩へ~』が大盛況のうちに幕を閉じ、『デビュー50周年記念コンサート ~次の一歩~』を直前に控えた布施。“次の一歩”となる、東名阪ツアーはどんな内容になるのだろうか?

「今回はこれまで歌ってきた曲をなるべく“無事”に聴いて頂きたいと思っています。年齢を重ねて歌声もサウンドも変わっていますが、何十年も前に聴いて下さった時の風景や映像を無事にみなさんの頭の中に映しだせたら嬉しいですね。今回はいつも一緒にやっているバンドに管楽器隊や、ヴァイオリニストの篠崎正嗣といった素晴らしいメンバーを加えて最高のステージを目指しますので、楽しみにして下さい」(布施)

チケットは発売中。

取材・文:フジジュン

いま人気の動画

     

人気記事ランキング