斎藤工、監督役を演じ「現場で浮いていた」 製作総指揮のショートムービーを上映

2015.5.1 15:11配信
 (左から)板谷由夏、斎藤工、柿本ケンサク監督、木下美咲、中井圭氏

 ショートムービー『ALL FOR CINEMA』一夜限りの舞台あいさつ&上映イベントが4月30日、東京都内で行われ、製作総指揮を務めた斎藤工、板谷由夏、木下美咲ほかが出席した。

 24時間映画専門チャンネル「WOWOWシネマ」で放送中の映画情報番組「映画工房」が映画館を応援する企画として、視聴者から寄せられた映画館体験エピソードを原案にショートムービーを製作。4月25日から3カ月間にわたって、全国の109シネマズで特別興行作品を除く全作品の本編開始前に上映される。

 板谷は「番組から羽が生えてすごくいい景色が見えるところまで飛んできたなというのが今日の感想です」と作品完成の喜びを語った。

 この日は約1分間の作品のディレクターズカット版(8分間)が上映された。斎藤は「僕らがやっている番組と劇場がコラボレーションすることがそもそも画期的。それらをつないでいるのは映画愛に他ならず、この作品はその結晶だと思います」とアピールした。

 斎藤はキャラクターの濃過ぎる映画監督役で出演もしており、登場シーンでは客席から笑い声が起こった。見終わった斎藤は「なかなかパンチのある役をやらせていただきまして、現場では浮いていました。邪魔にならないように努めました」と振り返り、撮影が別の日だったという板谷も「スタッフに工くんはどうだったかと聞いたら『いやあすごいことになっていますよ』と口をそろえて言っていました」と笑わせた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング