ピクサー新作の新ビジュアル公開

2015.5.1 18:5配信
『インサイド・ヘッド』感情“漢字”ビジュアル (C)2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサーの待望の最新作『インサイド・ヘッド』の新ビジュアルが公開になった。劇中に登場する頭の中の感情を、書家でアーティストの紫舟が“漢字”で書いたビジュアルだ。

その他の画像

本作の舞台は11歳の少女ライリーの頭の中。そこではヨロコビ(JOY)、カナシミ(SADNESS)、イカリ(ANGER)、ムカムカ(DISGUST)、ビビリ(FEAR)が暮していて、彼女の感情を決めているが、ライリーの一家が引越しをしたのを機に様々なトラブルが発生。映画は、ライリーと感情たちの予想もつかないドラマを描く。

このほど公開ビジュアルは、ライリーの頭の中で暮す感情たちと、彼らを現す“漢字”を紫舟が書いたもので構成されている。紫舟は国内外で注目を集める書家/アーティストで、「漢字は、ひとつの意味だけでなく、複数の意味を持っています。制作時は、映画に出てくるそれぞれのキャラクターがもつ感情の体現化に努めました」と語っている。本ビジュアルは、本日から順次、全国の劇場に掲出される。

『インサイド・ヘッド』
7月18日(土) 全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング