「私立探偵 濱マイク」の舞台は今? 味わい深い下町のロケ地を巡ってみた

2002年ごろドラマ版が放送されていた永瀬正敏主演の「私立探偵濱マイク」。その舞台が今どうなっているのか、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

2002年ごろ放送されていた永瀬正敏主演のドラマ私立探偵濱マイクの舞台が今どうなっているか気になります。(yoshihiroさんのキニナル)2002年放送、永瀬正敏主演のテレビドラマ、「私立探偵 濱マイク」。

※本記事は2013年2月の「はまれぽ」記事を再掲載したものです。

底の厚いラバーソールの靴にサングラス、何個も指輪をはめた指、爪には黒いマニキュアを施し、派手なロングコートに身を包む、探偵・濱マイク(永瀬正敏)。常に金欠で、女好き。

濱マイク(イラスト:ナリタノゾミ)

一見、軟派な彼だが、実は正義感に溢れ、情にほだされやすい。そのため、横浜で起こる不可思議で難儀な事件に次々と関わっていく。

ドラマ版は、毎回、豪華なキャストを迎え、異なる監督がメガホンを取ったことで話題となる。舞台となった横浜は、生活臭溢れる下町がメインに選ばれており、放送後もその味わい深い風景を求めてロケ地を巡るファンが絶えない。

放送から10年経った現在、当時の舞台はどうなっているのか。
ドラマの内容を知っている浜っ子に聞き込みを行うなどして、代表的なロケ地を選出した。

今回の調査によると、濱マイク(永瀬正敏)の行動範囲は、中区と南区に集中していた。

マイクのいた風景(中区・伊勢佐木町界わい)

作中では伊勢佐木町から横浜橋商店街にかけてが、マイクの生活圏内だったようだ。

濱マイク生活圏の図

横浜日劇の屋上に事務所を構えていたマイク。

日劇は2007年に解体されてしまったが、彼が何度もくぐったであろう日劇のアーチの骨組みは残っている。

日劇とマイク(ドラマ再現イラスト:ナリタノゾミ)
当時「洋画は 邦画は 日劇 名画座」との文字が埋め込まれていたアーチ
日劇跡地。現在はライオンズマンションが建っている

また、作中の事務所は、実際には横浜スタジアムそばのストロングビルの屋上にセットとして設けられていたそうだが、現在はそちらも解体され、ダイワロイネットホテルが建っている。

なお、第5話「花」でマイクがアルバイトをしていた末吉町のストリップ劇場「黄金劇場」については過去の記事を参照して欲しい。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング