(左から)リッチ・ムーア監督、フィル・ジョンストン監督・脚本、菜々緒(シャンク役・日本語版声優)、クラーク・スペンサー プロデューサー ©2018 Disney. All Rights Reserved.

2018年12月21日(金)公開のディズニー長編アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。

監督のリッチ・ムーア、監督・脚本のフィル・ジョンストン、プロデューサーのクラーク・スペンサーが来日しました。

監督と一緒にインターネットの世界へ

来日記者会見は通常ホテルの宴会場で行われることが多いのですが、『シュガー・ラッシュ:オンライン』来日記者会見の会場はニコファーレ。

インターネットの世界を舞台にした本作らしい会場です。

360度LEDスクリーンに囲まれた会場では、会見開始前からヴァネロペとラルフが会場を走り回っていました。

来日ゲスト3人も、司会者の「臨時ニュース」の報で登場する演出も。

監督たちが一言ずつコメントを述べると、会場はインターネットの世界へワープ。

ニコファーレらしい本作の世界観を表現した演出で会見が行われ、リッチ・ムーア監督も演出を非常に楽しんでいるようでした。

どうしてインターネットの世界へ?

前作『シュガー・ラッシュ』はアーケードゲームの世界を描きましたが、本作はラルフとヴァネロペがインターネットの世界へと冒険に出かけます。

なぜゲームからインターネットの世界へ飛び出す物語にしようと思ったのでしょうか。

リッチ・ムーア監督「前作は小さなアーケードゲームの世界が舞台でした。

小さな頃からアーケードゲームをプレイするのが大好きだったからです。

2作目はもっと舞台を大きくしなければというアイデアから、初期段階からインターネットの世界に決めていました。

問題は今まで映画でインターネットを視覚化した作品がなかったということで、インターネットの世界をどう描くか1年くらいかけて考えました。」

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます