もうすぐ初めての出産を目前にして、赤ちゃんを迎える準備も、入院の準備ももう万端にできているというプレママ。

ママになる準備は、物だけではないことはご存知でしょうか?

入院して初めて、内容によっては医師に指摘をされることで「やっておけばよかった」と後悔する、出産入院前に知っておくと助かる身だしなみルール。

こちらもしっかり守って、準備万端にしておきましょう。

1: ジェルネイル

一度つけると1カ月は綺麗に保てるジェルネイル。

ちょっとやそっとでは、剥げたり欠けたりしないジェルネイルは、妊娠中にも気軽におしゃれを楽しめるので、とても人気ですよね。

でもこのジェルネイル。まさかとは思いますが、つけたまま入院というのは避けてくださいね。

出産入院の際、母体の体調を見るためには、自爪チェックは医療関係者にとって欠かせない項目。そのため、ジェルネイルをしていては、体調を把握しきることができません。

マニキュアのように、除光液でささっととることができないのがジェルネイルですから、当然病院でもささっととることができないため、医療関係者を困らせてしまうものでもあります。

足、手どちらも出産が近づいたら、事前にオフして入院しましょう。

2: メイク

夫に、他人にすっぴんを見られるのは嫌!

そういって、出産当日もフルメイク(でも着ているものは当然パジャマ)で挑む方がいます。

しかしながら、素肌状態もまた医療関係者が母体の体調を把握するための、重要な項目であるため、フルメイクをすることで、結果、医師や助産師を困らせてしまうことも。

すっぴんをどうしても見られたくないなら、眉はアートメイクを施しておく、まつ毛はエクステをつけておく等をしておいて、出産の時にはメイクをする必要ないようにしておきましょうね。

3: ヘアケア

出産後に地肌が荒れた、出産後に一気に髪の毛が抜けた……これはよくある話。

なのに出産後は、十分にケアをする時間なんて全く取れないのがママです。

そこで、出産入院前には、まずはカラーを控えめに、もしくは止めておきましょう。

カラーをするなら、地肌ギリギリではなく、少し余裕をもたせてしてもらった方が、産後のトラブル回避に繋がります。

そして、洗髪をしっかりとしておきましょう。

帝王切開になってくると、お風呂に入ることはもちろん、洗髪も通常の出産よりできない期間が長くなります。

入院中の不快感をなくすためにも、ヘアデザインよりも、すっきりさっぱりトラブル回避。これが一番です。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます