「梅干し×お茶×イケメン」に300円で癒される!「立ち喰い梅干し屋。」に行ってみた【表参道】

2015.5.5 10:30

表参道ヒルズの本館地下3階にて『立ち喰い梅干し屋。』が開催されている。期間は2015年4月23日(木)~5月6日(水)の2週間。選りすぐりの梅干し16種から「あなた好みの一粒」をスタッフが“梅干しソムリエ”のようにオススメしてくれる、というのでさっそく行ってみました。

表参道ヒルズの本館地下3階にて『立ち喰い梅干し屋。』が開催されている。期間は2015年4月23日(木)~5月6日(水)の2週間。メニューは、一粒の梅干しと一杯のお茶のセット300円のみ。

 


選りすぐりの梅干し16種から「あなた好みの一粒」をスタッフが“梅干しソムリエ”のようにオススメしてくれる。さらに選んだ梅干しに合う、こちらも選りすぐりのお茶も5種の中から提供される。
 

筆者は和歌山に旅行して以来、梅干しが大好きである。旅の一食目、食堂で食べた昔ながらの「すっっっぱい!!」梅干しの味に驚き、一瞬でファンになった。旅行の道中、道路沿いの無人販売で、道の駅で、スーパーで……。至るところに手作りの何とも素朴な梅干したちが格安で販売されており、目にするたびに購入していた。

調べてみると「疲労回復」や「ダイエット効果」を始めとして、梅干しは体に良いことづくし。一日2~3粒程度なら塩分の取り過ぎを心配することもないらしいので、去年からひんぱんに梅干しを食べている。

基本的に余計な味がしない、昔ながらのすっぱい梅干しが好きだ。甘いものや、さまざまな味付けされた梅干しは、あまり好きではない。


しかし!!!

今回の『立ち喰い梅干し屋。』では、 梅干しを凍らせた「アイス梅」や、「キムチ梅」、「焼き梅」などの変わり梅干しも多彩。もちろん、昔ながらのオーソドックスな「田舎漬」や、梅干し業界では非常に珍しい無農薬・無添加の梅干し「すっぱい」なども用意されている。

ラインナップは以下の通り。(梅干し名/販売企業・農園)
・なちゅら / トノハタ
・アイス梅 / トノハタ
・こくの梅 / トノハタ
・田舎漬 / 中田食品
・なでしこ / 中田食品
・富之助のしそ漬け / 佐々木農園
・焼き梅 / 河本食品
・石川一号 / 吉田屋
・三年梅 / 吉田屋
・すっぱい / 深見梅店
・うすしお / 深見梅店
・はちみつ / 松本農園
・鶯 / 紀州梅干食品
・こんぶ梅 / 不動農園
・キムチ梅 / 不動農園
・蜜さくら梅 / 福梅本舗
(順不同・敬称略)

しかもこのラインナップは、あのBambooCut(バンブーカット) によるもの。BambooCutは、竹内順平さんと切替瑶太さんによるユニットであり、去年イベニアでも取り上げた「ナイス、すっぱい!『にっぽんの梅干し展』」の主催者である。

梅干しに情熱を注ぐ、あのBambooCutが自信を持ってオススメする梅干しなら、変わり種も食べてみたい!! 開催初日、梅干し大好きのイベニア篠崎と、ライターたままい。の2人が、会場に乗り込んだ。

「ヤバチケ」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング