元祖“T-1000”ロバート・パトリックが来日!

2015.5.5 14:46配信
ロバート・パトリックと玄田哲章

ハリウッドスターを招聘し、サイン会やトークイベントなどファンとの触れ合いの機会を設け多くの支持を集める『ハリウッド・コレクターズ・コンベンション』が5月2日、4日、5日の日程で京都と東京で開催。第6回を迎える今回は『エイリアン2』におけるアンドロイドのビショップ役で知られるランス・ヘンリクセン、『ターミネーター2』の恐るべき刺客“T-1000”のロバート・パトリックが来日し、多くのファンが集結した。

会場の模様(写真全15枚)

2012年に『バック・トゥ・ザ・フューチャ―』シリーズのドクことクリストファー・ロイドを迎えて初めて開催された『ハリウッド・コレクターズ・コンベンション』(通称ハリコン)。これまでショーン・アスティン、ロバート・イングランド、ショーン・パトリック・フラナリー、ニーマン・リーダスなど洋画ファンにはたまらない名優たちを迎え熱狂を巻き起こしてきた。

今年は『エイリアン』、『ターミネーター』という誰もが知るハリウッド大作シリーズの出演経験を持つふたりの重鎮俳優が来日。特に『ターミネーター』は今夏、最新作第5弾『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の公開も控えており、多くのファンが会場に足を運んだ。

会場にはコレクター向けのハリウッド作品の様々なグッズやTシャツも販売されており、もちろん『エイリアン』および『ターミネーター』シリーズのグッズも! メイン会場の中央には巨大なエイリアンの頭のオブジェが飾られており、ひっきりなしにファンが撮影する姿が見られた。さらにディーラー向けのブースも展開しており、『スター・ウォーズ』をはじめ、様々なハリウッド作品のコスプレファンが集結し、熱気を帯びていた。

パトリックは55歳、ヘンリクセンは御年74歳になるが元気そのもの。サインおよびツーショット、スリーショットでの撮影を求める熱狂的なファンが長蛇の列を作ったが、終始笑顔でひとりひとりのファンと語り合い、時折「アリガトウ!」と日本語で返答するなど、会場は和気あいあいとした空気に包まれていた。

また、4日の会場には『ターミネーター』シリーズの日本語吹替え版で、特に『ターミネーター2』ではロバートにとっては宿敵となるアーノルド・シュワルツェネッガー演じる“T-800”の声を担当した玄田哲章が来場。玄田はパトリックとガッチリ握手を交わし、ファンを前におなじみの「I'll be back」の名ゼリフを披露し喝采を浴びていた。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月11日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング