恋人がいるのに“浮気”をしたとなれば、どんなカップルにも修羅場が控えていると言っても間違いではありません。

そこで、単なる浮気どころか「彼の男友達」とそういう関係になってしまえば、一般的に言われている“浮気”の数倍も地獄を見るハメにもなりやすいみたいです。

今回は、そんな地獄すぎる経験をしてしまった2名の女性に、当時の話を聞きました。

ケース1:彼の学生時代の友達とそういう関係になり…

2年付き合っていた彼氏の学生時代の友人と、飲み会で意気投合したA子さん(32歳)。

彼とその友人は、そこまで親しい間柄ではなかったそうですが、最終的には、やはり修羅場を迎えたそうです。

「当時の彼とは、結婚を前提に交際していましたが、なかなか具体的な話に進まずに、私の中に彼への不信感があったんです。

そのころの私は『30歳までに、結婚したい!』という思いも強く、結婚できるなら誰でもいいって思いもありました。

そんなタイミングで彼の学生時代の友達を交えた飲み会があり、そこで出会った彼の友人が、彼よりも結婚願望が強いタイプで……。

正直、彼氏のことはどうでもいいって気にもなっちゃって、その飲み会で連絡先を交換していたこともあり、誘われるがままにデートに応じてしまったんです。

そして、何度か会っているうちに彼よりもその友達のほうを好きになってしまって、結局、彼氏と別れてその友人のほうとちゃんと付き合おうと決めた矢先に、彼に浮気がバレました。

すったもんだあって、やっとのことで彼と別れ、新しい彼のもとへ行ったんですが……。なんと、その男は私に対して“遊び”だったそうで『仲間を傷つけてまで、君と本気で付き合おうとは思わない』とヒドイことを言われ、あっけなく振られたんです。

仲間の彼女だって知っていて手を出したくせに、最終的にはそんな言い訳で逃げられ、結局私が全部悪者になった形で終わりました……。

きっと今でも、その元カレや友人たちのグループでは、私がとんでもない女だったことになっているんだと思います」

この男友達は、最初からゲーム感覚で、A子さんとのデートを楽しんでいたのかもしれません。

修羅場を迎えるまでは「優しかった」とのことですので、A子さんの知らないところで、彼と男友達の間でなんらかの話し合いがあったのかもしれませんが……。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます