クリストフ・ヴァルツが監督デビュー

2015.5.7 12:39配信

クリストフ・ヴァルツが、映画監督デビューを果たすことになった。主演、プロデュースも兼任する。タイトルは『The Worst Marriage in Georgetown(原題)』。

その他の情報

映画は、ニューヨーク・タイムズ紙の記事を、ピューリッツアー受賞作家デヴィッド・オーバーンが脚色したもの。風変わりな男アルブレクト(ヴァルツ)は、裕福な年上の未亡人ヴァイオラを誘惑し、結婚する。ふたりは自宅で豪華なパーティを繰り広げるが、ヴァイオラが殺され、アルブレクトが隠してきた過去が明らかになる。撮影は10月にスタートする。

ヴァルツは現在、『007 スペクター』(日本公開12月4日)を撮影中。今年はほかに恋愛映画『Tulip Fever(原題)』の公開が控えている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング