オードリー春日、フィンスイミング日本代表に 「一番いい色のメダルしか考えていない」

2015.5.7 18:27配信
日本代表決定報告会見に出席した春日俊彰

 お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰が7日、東京都内で行われた「フィンスイミング~ワールドカップマスターズ大会~日本代表決定報告会見」に出席。フィンを着けて泳ぐ水泳競技「フィンスイミング」の「50メートルサーフィス」日本代表に選出され、6月6日にイタリア・ラベンナで開催される世界大会に出場することが発表された。

 春日は、登場早々「このたび、日の丸を背負うことになりました春日です。トゥース!」と気合たっぷりにあいさつ。意気込みを問われると「一番いい色のメダルしか考えていない。最高でも金、最低でも金」と宣言。この事態に驚きながらも「一言で言えば、才能があったんでしょうね」と自画自賛して、笑いを誘った。

 春日は、TBS系の番組「炎の体育会TV」で、フィンスイミングの日本代表入りを目指す企画に挑戦。半年間の練習後、今年3月開催の「第4回フィンスイミングジャパンオープンマスターズ大会」に出場し、“本命”の「アプニア」部門ではフライングで失格となったものの、「サーフィス」部門で3位に入賞。4月末に、日本代表に決定していた上位者に欠員が生じ、繰り上げで今回の決定となった。

 そんな経緯もあって「先週、番組収録中に知らされたばかり」という春日は「せっかく拾われた命。敗者復活で上がってきたのでメダルを取らないと自分も納得できないし、日本も納得しないでしょう」と強気のコメント。「フライングで失格になった時は、日本中が涙しましたが、今度は“ラベンナの歓喜”と言われるように、気合が入っています」と再び笑いを誘っていた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング