今年も黒柳徹子が劇場を笑いの渦に巻き込む!

2015.5.7 18:35配信
黒柳徹子 黒柳徹子

黒柳徹子の海外コメディシリーズ第29弾となる作品が、5月に東京・EX THEATER ROPPONGIで上演される。このライフワークともいえる舞台について、黒柳に話を聞いた。

舞台『ルーマーズ』チケット情報

第29回となる公演に選ばれたのは、過去3度上演され、そのたびに爆笑を巻き起こしてきた「ルーマーズ~口から耳へ、耳から口へ~」。黒柳自身、「このお芝居は、とにかく笑いの数が多いのね。出ている私たちもお稽古中、『こんなふうにやったほうがいいのかな?』なんてみんなで笑いながらつくっていくんですよ」と笑顔で話す今作。ウワサ話に惑わされるセレブたちのドタバタを軽妙に描く、喜劇王ニール・サイモンの真骨頂だ。「ものすごい事件が起こるというのではなくて、何もないところから笑いが生まれるのがすごいわね。私が初めて演じたときからもう25年経っているけれど、まったく古びないんです」。いまは稽古に明け暮れる日々。「長いセリフは覚えているんですけど、案外短いものって忘れちゃうのね。あるシーンで『ねえ』といわないと次の人が出てこられないのに、そこを飛ばして自分勝手にやってしまうことがあるんです。『黒柳さん、そこはちゃんとやってください!』って言われます(笑)」

1989年から続いているこの海外コメディシリーズ。1996年以降、ほとんどの作品で演出を務めた高橋昌也が昨年亡くなった。「高橋さんは、とにかく最後のクライマックスから幕が閉まるまでの演出がとっても上手なの。だから全幅の信頼を置いていました。彼が亡くなってしまってこの先どうしようかと思うこともあります。ただこれまでにたくさんの作品をやってきて、お客様も『もう一度あれを観たい!』と言ってくださったりするので、そういう愛着のあるお芝居がもういくつもあるのは心強いですよね」。

黒柳といえば、ごくごくわずかの例外を除き、ここ数十年映像での芝居を封印してきた。「あるときから演技は舞台、テレビや映画には出ない、と決めてしまったの。でもそうねえ、『タイタニック』に100歳くらいのおばあさんが出てくるじゃない? 私が100歳になったときにそういう役があったら、映像でもお芝居してみたいなとは思いますね」。これまで3度上演している『幸せの背くらべ』という作品にも、92歳の主人公が登場する。「大阪の記者の方が、『黒柳さんが92歳になったとき、この役ができますか?』っておっしゃったんです。1幕ほとんどひとりでしゃべるような、ものすごくセリフの多い役なんですよね。ちょっとボケているのに、お金のことになると急にはっきりするの。それが本当に92歳のときにできたら面白いなあと思って、それを楽しみにしています」。

公演は5月16日(土)から31日(日)まで東京・EX THEATER ROPPONGI、6月4日(木)から7日(日)まで大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。チケット発売中。

取材・文/釣木文恵

いま人気の動画

     

人気記事ランキング