西島秀俊、神木隆之介に「胸がざわついた」 神木「西島さんが本気でカッコつけているところを見たかった」

2015.5.9 14:21配信
 (左から)桜田ひより、成河、吉田羊、神木隆之介、真木よう子、西島秀俊、浅野和之、古川雄輝、佐藤祐市監督

 映画『脳内ポイズンベリー』の初日舞台あいさつが9日、東京都内で行われ、出演者の真木よう子、西島秀俊、神木隆之介、吉田羊、佐藤祐市監督ほかが登壇した。

 本作は、年下の男子に恋をしたアラサー女子(真木)のリアルな心情を、五つの思考(理性・ポジティブ・ネガティブ・衝動・記憶)の擬人化によって描く。

 自身の経験した“ベリー甘酸っぱい出来事”を聞かれた真木は「中学校の時に二つ年上の先輩の第二ボタンをもらおうとした時かな」と回想。結果は「もらおうとしたけどもらえなかった…というか、すでに無くなっていた。憧れの人でした。初恋だったので」と懐かしそうに振り返った。

 一方、西島は「(映画の)ポスター撮りの時に、神木くんが僕の前だった。それで神木くんが『西島さん、僕待ってますね』って言うから『いいよ、帰れよ』って言ってたのに…。その後、ポスターを撮っていると(スタッフの)みんながクスクス笑っていて。何かと思って見たら奥のついたてから神木くんがこっちを見ていた」と状況を説明した。

 「その時になんかちょっと(胸が)ざわつくというか…」と複雑な心境を明かした西島に、会場は爆笑。佐藤監督から「もしかして、そっち?」と突っ込まれた西島は「違うけど」と否定しつつ照れ笑いを浮かべた。

 「結局なんで見てたの?」という質問に神木は「西島さんが本気でカッコつけているところを見たいと思って」とすまして答え、笑いを誘った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング