昔から、まさに“恋愛大国”といわれるフランス。
お洒落な街中で、恋人たちがベンチに腰かけ肩を抱き合い、愛を囁いているイメージがあります。

でも、具体的にどうして恋愛大国と言われるのでしょうか。フランス人はたくさんの人と奔放に恋愛するのでしょうか?

いいえ。フランス人は、長くじっくり、ひとりの人と深くお付き合いをするのが特徴的です。
細かいところまで勘づき、考え、いろんなことが心配になってしまう女性にとっては、ひとりの人と長くお付き合いをしてくれると聞くと、とっても理想的で安心ですよね。今回は、ひとりの人に対して、寝ても覚めても恋をしているフランス人夫婦がずっと円満でいられる秘訣をご紹介します。

子どもをシッターに預けてデート

日本では、結婚し夫婦となり、子どもも生まれると、子ども中心の生活になってしまいますよね。かつて彼氏だった旦那はパパとなり、彼女だった奥さんはママとなり…いつしか悲しいかな、所帯じみていってしまいます。日本だと子育ては大変だし、しょうがないと思ってしまいますが、フランス人カップルはいい意味でとっても欲張り。

日中は仕事に精を出し、子どもの送り迎えや家事をこなす夫婦も、子どもが寝てからは2人の時間。ディナーデートをしたりするのです。日本人夫婦には、なかなかない発想ですよね。肉体的には疲れるときもあるようですが、精神的にとても充実するようです。

できない、と決めつけてしまうより、パパとデートするのが当たり前だ、という発想に切り替えてみてはいかがでしょうか。たくさんあるシッター会社の中から、トライアル制度などを利用してみるなど、方法はあります。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます