生田斗真、料理“卒業”の理由を語る 「戸田恵梨香さんが作ってくれたら最高」

2015.5.12 18:44配信
 生田斗真らとキーマカレー作りに挑んだ鈴木亮平

 映画『予告犯』のPRイベントが12日、東京都内で行われ、出演者の生田斗真、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々が登壇した。

 この日は予告犯ならぬ“予告飯”と題して、男子キャストがキーマカレー作りを行った。エプロン姿で登場した生田は「カレーは毎日でも食べられるぐらい大好き」と語ったが、「家では料理はしません。外食専門です」と告白。その理由を「自分のために買い物をして、作って、食べて、食器を洗ってというのがむなしくなってきて卒業した」と明かした。

 「一人暮らしだとどうしても余っちゃう。でも次の日に同じものを食べるにしても、ちゃんと一人前は無かったりして…。そいうのが嫌でやめちゃった」と続けた生田。昔の得意料理について聞かれると「卵焼き。梅干しを入れたり、チーズやしらすを入れたり、そういう変わり種をよく作っていました」と振り返った。

 この日は4人で一つのカレーを作るため、一人が一工程を担当。玉ネギを慣れた手つきで炒める鈴木に、隣から生田が「さすが『天皇の料理番』という感じ」とちゃかすも、鈴木は「(主人公の)お兄ちゃんだから。料理しないから」と冷静に返して、会場の笑いを誘った。

 完成品を口にした4人は「うまい」「なかなかおいしい」と口々にコメント。生田は「もうちょっと辛くしてもよかったかな…」としつつ、採点を求められると「66点」と控えめに回答しながら「6月6日、予告犯!」と満面の笑みで、映画の公開日をアピールした。

 最後に生田は「仲間と作るのは楽しいけど、やっぱり女の子に作ってもらいたい」と男心を吐露。司会者がヒロインを演じた戸田恵梨香の名前を挙げると「そりゃ戸田さんとかが作ってくれたら最高だよ。荒川良々が炒めて、濱田岳が刻んでって…。いや、おいしいけどさ~」と語った。

 映画は6月6日から全国ロードショー。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング