キヤノンが単焦点レンズをリニューアル、25年ぶりで新たにSTMを採用

2015.5.12 19:10配信
EF50mm F1.8 STM

キヤノンは、一眼レフカメラ「EOSシリーズ」用交換レンズの新製品で、ロングセラーの単焦点レンズ「EF50mm F1.8 STM」を5月下旬に発売する。税別価格は1万9500円。

新製品は、1990年12月に発売したロングセラーのレンズ「EF50mm F1.8 II」の後継機種で、人間の視覚に近い焦点距離50mm、開放F値F1.8の明るい小型・軽量の短焦点レンズ。APS-CサイズのCMOSセンサを搭載した「EOSシリーズ」に装着した場合は、35mmフィルム換算で約80mm相当で、ポートレート撮影に適している。

定評のある光学設計を継承するとともに、デジタルカメラでの撮影に適したコーティングを採用。絞りを5枚羽根から円形絞りの7枚に変更したことで、背景を円形で美しくぼかした表現ができる。

内部機構には、ギアタイプのステッピングモーター(STM)を採用することで、従来機種よりも静粛なAF(オートフォーカス)駆動を実現する。AFでの合焦後にAFモードのままマニュアルフォーカスができる「フルタイムマニュアルフォーカス機構」を備えている。なお、最短撮影距離は35cm、最大撮影倍率は0.21倍と、従来機種と比較してよりクローズアップした撮影ができる。

本体外装には、質感のある梨地塗装を施すとともに、鏡筒の外周部分にはブラックリングを採用し、マウント部には金属を採用するなど、高級感のあるデザインを採用している。

サイズは最大径69.2×長さ39.3mmで、重さは約160g。フィルター径は49mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング