婚活をスタートしたものの、なかなか良いご縁に恵まれない女性もいますよね。

なかなか結果が出ない場合、基本に立ち返って自分の心に聞いてほしいのが、「本当に結婚したいと思っているのか?」ということです。

「え、結婚したい人が婚活しているんじゃないの?」と思うかもしれませんが、それがそう単純でもないのです。

次のような理由で婚活をしている人は、一度立ち止まって、本当は自分が何を望んでいるのか観察することをオススメします。

周りに結婚している人が増えたから

友達や親戚など、周りに結婚している人が増えたからと言って、焦って婚活していないでしょうか。

「みんながしているから」という理由で結婚する必要は、一切ありません。

「みんな」はどうでもいいです。

自分の人生のなかで大きな意味を持つことを、「みんな」の流れで決めてしまうほうが危険です。

友達のウエディングドレス姿がキレイだったことが、結婚を意識するきっかけになる程度ならアリですが、あくまで「きっかけ」に留めたいもの。

「みんな」の真似はやめて、自分の生き方に自分でGOサインを出すことを知ったとき、大人のしあわせをつかめるのです。

男性の経済力に頼りたいから

婚活の初期段階では、お相手の職業や年収などの条件をチェックするのは、そんなに悪いことではないと思います。

お金なくして生活は成り立ちませんから、そこに希望を持つことはある意味では当然です。

でも、そこだけで人を判断するクセがつくと、婚活失敗の原因になってしまいます。

職業、年収などの条件を重視しすぎると、異性を見る目がどんどん曇ってきます。会話が盛り上がる人や、一緒にいることが楽しい人が目に入らなくなってしまうのです。

いくら社会的地位や収入が高かろうが、好きになれない人とともに過ごすというのは、思っている以上にストレスがたまるもの。それより、大事なのは相性です。

経済力チェックはサクッと終わらせて、早めに相手の性格を見極める段階に進みましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます