パク・シネが初単独イベント開催! やっぱりグンちゃんが一番

2012.2.27 21:38配信
初の単独イベントで自作詞曲をギター弾き語りを披露したパク・シネ IMX&4HIM 初の単独イベントで自作詞曲をギター弾き語りで披露したパク・シネ IMX&4HIM

韓国の女優、パク・シネが2月24日、Zepp Tokyoで誕生日と日本公式ファンクラブ設立を記念し、初の単独イベントを開催した。

パク・シネのイベントの写真

パク・シネは、ブレイクのきっかけとなった、チャン・グンソクと共演したドラマ『美男<イケメン>ですね』の挿入歌『Lovely Day』を歌いながら登場。緊張しながらも、優しくキュートに歌う姿に、客席からは「カワイイ」とため息が漏れた。

2003年にデビューし、長いキャリアをもつパク・シネ。出演ドラマの映像を観ながら“女優ヒストリー”を振り返るコーナーでは、『美男<イケメン>ですね』はもちろん、ソロ歌手・SE7ENと共演した『宮S~Secret Prince』や人気バンド・CNBLUEのボーカル、ジョン・ヨンファと主演した最新作『オレのことスキでしょ。』などが登場。いずれもイケメンと共演していることに、パク・シネは「うらやましいでしょ?」と茶目っ気たっぷり。3作のキスシーンが公開されると、チャン・グンソクとの映像に、客席から嬉しそうな悲鳴があがり、「みなさん、とても気に入ってますね」と照れながらも笑顔でコメント。そして、SE7ENとのキスシーンがファーストキスだったと明かし、「どうしていいか分らず困りました」と当時の心境を振り返った。

パク・シネの“理想のタイプを探る”という企画では、16人の俳優からトーナメント方式で一番を決定。『美男…』で共演したチャン・グンソクやジョン・ヨンファ、イ・ホンギ(FTISLAND)が比較対象になるたびに、客席から絶叫が飛び、彼らを選ばなければ暴動が起きそうな様子。最後にチャン・グンソクとウォンビンが残ると、パク・シネはチャン・グンソクを選択し、「グンちゃんにしないと、みんな立ち上がりそう」と笑いを誘いつつ、「これまでの共演者で、呼吸が合ったのはグンちゃんが一番」とコメントし、客席を満足させた。そして、彼らから映像メッセージがサプライズで公開されると、パク・シネはもちろん、客席からひときわ大きな歓喜の声が上がった。

イベント中盤では、バースデーケーキが登場し、2月18日の誕生日と公式サイト開設をお祝い。お返しにとばかりにパク・シネは、ファンに伝えたい気持ち込めて自ら作詞し、実兄が作曲したという曲(タイトル未定)をアコースティックギター弾き語りでプレゼントした。そして、優しくささやくようにしっとりと歌い上げ、会場を温かい雰囲気で包んだかと思うと一転し、「いつも可愛いイメージなので、違う姿も見せたかった」と、ダンサーを従えながらセクシーで情熱的なダンスを披露。練習では、プレッッシャーのあまり「金縛りにあった」そうだが、その甲斐もあってか、対照的なステージはいっそう客席を魅了した。

そのほか、プレゼント抽選会やファンからの質問コーナーなども行われ、「もっと日本語を勉強して、日本のドラマに挑戦したい」と日本語で意気込みを語ると、最後は、大塚愛の『さくらんぼ』を歌って盛り上げた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング