人生100年時代、30代の若きうちから老後のことを念頭に置いておく必要があります。

とはいえ、老後の資産形成といっても現実味がないのが本音。なぜなら子どもの教育費など目先のことで精いっぱい!

しかし、老後貧乏にならないためにも、「早くから備えておく」という世間の風潮になってきています。

そこで30代の主婦が、夫婦の老後資金に対する捉え方と準備方法をファイナンシャルプランナー飯村久美さんに伺いました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

老後資金を貯めるためのお得な手法とは?

お金を貯めるというと、銀行の定期預金のイメージがありますが、老後資金については、老後資金に特化した貯め方が注目されています。飯村さんは次のようにアドバイスします。

飯村久美さん(以下、飯村)「老後資金を貯めるための一番のおすすめは、iDeCo(イデコ)です。

iDeCoとは「個人型確定拠出年金」のことで、私的年金の一つです。私的年金とは、国民年金や厚生年金などの公的年金とは異なり、自分で準備する年金のこと。

iDeCoは、積み立てた金額が全額所得控除になるので、節税効果が得られてお得。働いていない方は、旦那さんが加入するとよいでしょう。

(勤務先が企業型確定拠出年金に加入している場合には、規約で認められている場合に限ります)」

このiDeCo、メリットは節税になるだけではないのだそう。その他の特徴を教えていただきました。

飯村「iDeCoは毎月5,000円から設定でき、自分で掛け金を決めます。職業によって毎月1万2千円、2万3千円など限度があります。

銀行口座から決められた日に引き落とされ、掛け金の運用は自分で行います。

『定期預金』など元本が保証されているものを選ぶこともできますし、日本の株式や外国の債券などに投資する『投資信託』を組み合わせて、運用することも可能です。

運用益は非課税になります。

またiDeCoの掛け金や運用益は60歳になってはじめて引き出せるのも大きな特徴です。途中で引き出せないことから、老後資金としてうってつけの方法といえます」

資産運用や掛け金の設定は難しそうなイメージもありますが、スマートフォンのアプリで運用プランの選択やシミュレーションができるようなサービスも出ています。

今後、資産運用が身近になっていきそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます