3 私のこと好き?攻撃

LINEは手軽に送れるからこそ、愛の確認手段としても大活用したい女性もいますよね。
けれど、これも男性によってはちょっと重いと感じてしまうようですから、要注意です。

「最初の頃は可愛いなって思ったけど、交際も安定してきているのに、毎晩のようにLINEで“私のこと好き?”、“私のどこが好き?”って聞かれていたら、だんだんLINE恐怖症になってしまった」(30代自由業)という男性もいるので、LINEで愛を計るのはほどほどにしておきましょう!

ちなみに、「“●●くんの××なトコ大好き!”ってやたらLINEで愛情表現する元カノがいたけど、仕事中に送られるとかえってテンション下がった」(30代会社員)という声もあるので、愛情確認するだけでなく愛情の押し売りLINEも嫌われることがあるよう。

4 文章が長い

メールだと気にならない長さの文章でも、LINEだと「THE・長文」って印象になってしまうこと、ありますよね?
あれも、男性がゲンナリするLINEになることがあるようです。

「彼女からのLINEはいつも文章が長い。小さな画面上にビッシリ文字が並んでいると、それを読むと思うだけで萎えた。適当に読んで適当にスタンプとか返してたけど、“この前話したアレね…”と会話に出されて覚えてないっていうと逆ギレされたりして面倒な元カノがいた」(30代会社員)というように、LINEで長文のメッセージを送信するのは、必要があるときにとどめておいたほうがよさそう。

ただでさえ、細かい文字をじっくり読むのは嫌いという男性も多いので、気をつけたいですね。

以上、男性の気持ちが萎える重すぎLINEをお伝えしましたが、身に覚えなんて…ありませんよね?LINEは手軽でカジュアルなツールとして人気が高いものなので、そこで重いメッセージや重い画像を送ってしまうと……受け手としては違和感を抱く人もいるよう。

上手に使えば恋を盛り上げてくれるLINEですが、くれぐれも男性の気持ちが萎えるようなモノを送らないよう、くれぐれもご注意くださいね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます