aptX/AAC対応のBluetoothスピーカー、有線接続にも対応

2015.5.14 19:36配信
LBT-SPP310AVシリーズ

エレコムは、Bluetoothスピーカーの新製品として、スリムなボディながら40mmフルレンジスピーカーと低域用のパッシブラジエーターを搭載し、高音質コーデックのaptXおよびAACに対応した「LBT-SPP310AVシリーズ」を5月中旬に発売する。カラーは、シルバー、ブラック、レッドの3色。価格はオープンで、税別の実勢価格は7980円前後の見込み。

スマートフォンやPCとワイヤレス接続して、音楽や動画の音声を楽しめるBluetoothスピーカー。スリムかつコンパクトで、アルミ素材とスタイリッシュなデザインを採用する。

本体には、レスポンスのよい40mmフルレンジスピーカー×2基と、低域用パッシブラジエーター×1基を備え、ボーカルからアンサンブルまで、さまざまな音域でバランスのよいサウンドを再現できる。平行面のない無共振エンクロージャー設計を採用した高剛性ハウジングによって定在波が発生せず、ノイズに強い引き締まった低音域と、明瞭で繊細な中高域を実現する。

音声コーデックは、高音質なaptXとAACに対応し、同コーデック対応機器とBluetooth接続すれば、ワイヤレスでも高音質なサウンドを楽しめる。また、USBとAUXによる有線接続もでき、USB接続時には著作権保護技術SCMS-Tにも対応する。

このほか、本体を2台1組でBluetooth接続すれば、より音場感の豊かなステレオ再生ができる。さらに、対応機器をタッチするだけでBluetooth接続ができる「NFCペアリング機能」を搭載する。

最大出力は3W+3W。インターフェースは、microUSB×1基、AUX入力×1基。対応Bluetoothプロファイルは、HFP、HSP、A2DP、AVRCP。バッテリ駆動時間は、SBCでの再生時が最大10時間、aptX/AACでの再生時が最大8時間、連続待受は最大約240時間。サイズは幅185.0×高さ47.5×奥行き50.0mmで、重さは約275g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング