インナーイヤーイヤホン2機種、バランスドアーマチュアドライバー搭載

2015.5.15 12:47配信
「Aurvana In-Ear3 Plus」(左)と「Aurvana In-Ear2 Plus」

クリエイティブメディアは、インナーイヤーイヤホン「Aurvana In-Earシリーズ」の新製品として、バランスドアーマチュアドライバーを備え、スマートフォンでの通話にも対応した「Aurvana In-Ear3 Plus」と「Aurvana In-Ear2 Plus」の2機種を5月中旬に発売する。直販サイト「クリエイティブストア」限定で販売する。

2機種とも「AuraSealインナーイヤーデザイン」を採用し、リスナー周辺で発生する環境音などの外来ノイズを大幅にカットできる。

OFCケーブルによって、劣化の少ない信号伝達を実現。コード部にはスリムなインライン型リモートコントローラ/マイクを搭載し、スマートフォンでの音声通話、応答操作や音楽再生などの操作、音量調整などに対応する。また、金メッキを施した直径3.5mmのステレオミニ(4極)L型プラグを備える。

「Aurvana In-Ear3 Plus」(HS-AVNIE3P)は、左右のイヤホンそれぞれにドライバーを搭載する「デュアルバランスドアーマチュアドライバー」を採用する。各ドライバーをツイーター用およびウーファー用に配置し、2ウェイ構成によって高音域をより繊細に、中低音域をより豊かに再生し、音の明瞭さとディテールを再現できる。

新たに、もつれや絡みに強いナイロン素材で編み上げたケーブル皮膜を採用し、ケーブル長は1.3m。重さは約15g。税別価格は1万5800円。

「Aurvana In-Ear2 Plus」(HS-AVNIE2P)は、アコースティックグリル設計のバランスドアーマチュアドライバーを採用し、さまざまなジャンルの音楽に適合する、スムーズなオーディオレスポンスで濃密かつ迫力あるサウンドを実現した。自然で原音に忠実な音質を継承しつつ、音響チューニングによって高音域の広がりや響きをさらに向上しするとともに、厚みと迫力のある重低音サウンドを再生する。ケーブル長は1.2mで、重さは約12g。税別価格は1万800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング