映画のような“とろけるキス”を彼と演出する、簡単な4つの方法

2015.5.15 22:00

一度でいいから、映画のような熱い口づけをしてみたいと思いませんか? 意識してすることでより官能的な口づけを演出できる、テクニックをご紹介します。

映画やドラマを見ていると、イケメン主人公と美人のヒロインが、とろけるような熱い口づけをしているシーンがありますよね。

そんな熱い口づけをしてみたいけど、現実は、なかなか……
でも、一度でいいから、映画のような熱い口づけをしてみたいと思いませんか!?

今回は、そんな映画のようで、「大人だなー」と思えるような、熱い口づけの方法をご紹介します。

1. 笑いは禁物

映画のワンシーンのような、熱い口づけをする時に、もっとも注意しなくてはならないことは、『笑い』です。

経験が浅いと、照れるでしょう。彼氏がcoolじゃないと、キザなセリフが似合わなくて、笑いたくなるかと思います。ですが、そこを堪えて、口づけに集中することが大切です。

笑った瞬間に、口付けに至るまでに築いたムードも、彼が必死に考えたセリフも、台無しになってしまいますよね!?

2. 口づけまでの葛藤(駆け引き)を楽しむ

口付けまでの葛藤を楽しめるのは、まさに『おとな』!!

特に、不倫者の口づけは、良心と欲望との間で、揺れ動く葛藤が大きく表れます。口づけまでの葛藤を楽しむとは、そういったイメージです。

もちろん、普通のカップルでも大丈夫!!

「キスぐらい」で簡単にする、そんな下世話で品のない口づけではなく、それに至る経緯を楽しむことが大切なのです。

3. ゆっくりと、時間を弄(もてあそ)ぶように

時間を弄ぶような口付けとは、ゆっくりと時間をかけてすることです。

もちろん、欲望に身を任せ、激しくするのもいいですが、たまには、ゆっくりと時間をかけてするのも『熱い口づけ』なのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント