沢口靖子「どんな感じになるのか楽しみ」 谷崎潤一郎作の舞台で白無垢姿を披露

2015.5.15 16:17配信
 (左から)川崎麻世、湖月わたる、高橋惠子、沢口靖子、古谷一行、南野陽子、竹内都子

 明治座6月公演「台所太平記」の制作発表会見が15日、東京都内で行われ、出演者の沢口靖子、南野陽子、川崎麻世、高橋惠子、古谷一行ほかが登壇した。

 本作は、谷崎潤一郎が手掛けた唯一の喜劇作品を舞台化。昭和30年代、小説家宅での6人のお手伝いさんたちの日常生活を明るく楽しく描く。

 正義感が強く勉強家のお手伝いさん・初を演じる沢口は「初めて台本を読んだ時、誰もが恐れる文豪の先生(古谷)に自分の意見をストレートに言ってのけるところがとても痛快に感じました」とコメントした。

 沢口はラストで白無垢(むく)姿を披露する。文豪の夫人役の高橋が「最後は涙、涙で…。そのぐらいこの白無垢は素晴らしいだろうと…」と期待を寄せると、沢口は「恐縮でございます」と照れ笑いを浮かべた。

 沢口は「田舎から出てきて、無知故に失礼なことを言っていた初が、だんだん女性として成長していって、最後は感謝を込めて立派なあいさつを申し上げるという、とても大切なシーンがあります。私もどんな感じになるのか今から楽しみです」と笑顔を見せた。

 一方、沢口らが演じるお手伝いさんたちを、次々に口説くタクシー運転手役の川崎は「スキャンダラスな自分にとってはぴったりな役」としながらも「実は私はそんなに女性を口説くタイプでない。尽くしちゃうタイプなので」と語った。

 また川崎は、古谷と高橋が演じる夫婦の印象を「素晴らしい。やっぱり日本人と結婚した方が良かったかな。厳しいご主人を支えている奥さまというのに憧れます」と自虐コメントで笑いを誘った。

 舞台は6月4日~26日、都内、明治座で上演。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング