NOISEMAKER、熱狂のツアーファイナル!

2015.5.19 16:35配信
NOISEMAKER ライブの模様 NOISEMAKER ライブの模様

NOISEMAKERが5月15日に東名阪ワンマンツアー「NEO TOUR 2015」のファイナルを東京・渋谷club asiaで開催した。

【チケット情報はこちら】

メジャー移籍第1弾ミニアルバム『NEO』を引っ提げて行われた同ツアー。この日の公演はチケットがソールドアウト。会場内は、みっちりと詰まったオーディエンスの熱気とライブへの期待感で、早くも温度が上昇、汗が止まらない状態だ。そんなフロアにまず響きわたったのは、ミニアルバムのオープニング曲である『Heads and Tails』。冒頭から高揚感たっぷりのシンガロングで盛り上がる、強靭でヘヴィなナンバーだ。声を張り上げるオーディエンスに、フロントマン・AG(Vo)は、“もっと聴かせろ!”、“歌え!”と腕を振り上げてフロアの一体感を高めていく。間髪いれずに、続く『Her Diamond』でも、YU-KI(B)のうねるベースとUTA(Ds)のパワフルなドラムによる厚みあるビートで、フロアを一斉にジャンプさせ、サビの大合唱を起こす。AGは“お前らの汗、ひとつ残らず絞り出してやるからな”とオーディエンスに語りかけ、HIDE(G)とYU-KIはステージ上を躍動し、ジャンプやシンガロングをあおっていく。序盤から、アグレッシヴなバンドアンサンブルをきめながらも、フロアとがっぷり四つで組み合った熱いステージ。若手ラウドロック勢の急先鋒として勢いにのっている、現在の彼らの人気の理由をまじまじと見せつけられた。

NOISEMAKERにとって今回が初めてのワンマンツアー。AGは、“(北海道)苫小牧から札幌に出て、そして東京に来て、こうして自分たちの冠でワンマンができるなんて。ワクワクで昨日は眠れなかった”と語り、さらに、“ここに立てているのは、みんなのお陰だ”と感謝した。“迷ったりすることもあったけれど、こうしてここに最高のやつらがいる、それが自信になっている”とAGはオーディエンスに語りかける。サウンドでは容赦ないほどヘヴィで、最新鋭のとがった音と馬力のある歌とラップで攻撃的にフロアをわかせつつも、MCではどこまでも泥臭く、青臭く、オーディエンスと一体になって突き進んでいるのが、AG、そしてNOISEMAKERの魅力のひとつなのかもしれない。スピーディな『KNOW YOUR BRIDGE』、そして本編はアンセム感たっぷりで、かつフィジカルに磨きのかかった『DRIFTING CLOUDS』で幕を閉じた。

この後、5月25日(月)より「NEO TOUR 2015 Plus」として対バンツアーが予定されている。

取材・文:吉羽さおり

いま人気の動画

     

人気記事ランキング