富士フイルム、Xシリーズ向け137mm相当F2の単焦点レンズ、ポートレートに

2015.5.19 18:26配信
フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

富士フイルムは、ミラーレス一眼カメラ「Xシリーズ」向けの大口径・単焦点望遠レンズ、「フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR」を、7月16日に発売する。ポートレート撮影に適した焦点距離の明るいレンズで、価格はオープン。税別の実勢価格は11万円前後の見込み。

焦点距離90mm(35mmフィルム換算で137mm相当)、開放F値F2の短焦点望遠レンズ。8群11枚のレンズ構成で、大口径EDレンズ×3枚を使用することで、望遠レンズで発生しやすい色収差を効果的に抑える。

大口径の球面レンズのみで構成しており、口径食を最小限に抑え、周辺部まで円形のボケ描写を実現する。また、豊かな前ボケ・後ボケの描写と、ピント面のシャープな描写とのコントラストを生かした写真表現ができる。

AF機能は、高速ながら静粛で、高精度なAF(オートフォーカス)を実現するリニアモーター×4基を配置した「クアッド・リニアモーター」を採用。大口径レンズユニットを高速かつスムーズに駆動する。このほか、最短撮影距離60cm、撮影倍率0.3倍を生かしたクローズアップ撮影にも使える。

本体は、鏡筒各部7か所にシーリングを施した防じん・防滴、かつ-10℃の耐低温構造で、あらゆる撮影シーンに対応する。サイズは最大径75×長さ105mmで、重さは約540g。フィルター径は62mm。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング