『シュガー・ラッシュ:オンライン』 (C)2018 Disney. All Rights Reserved.

ディズニー長編アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』(2018年12月21日(金)全国公開)。

予告編解禁時より「可愛いすぎる!」と、早くも話題沸騰中の、ディズニープリンセス、奇跡の総出演シーン。

一足早く本作を観た筆者も、あまりの可愛さ尊さに失神寸前…!

「どのプリンセスが出演するの?」

「登場はほんの一瞬だけ?見所は?」

など、プリンセス好きの疑問に答える、登場プリンセス全14人の、完全ガイドです。

※本記事は、『シュガー・ラッシュ:オンライン』プリンセス登場シーンのネタバレを含みます。未見の方はご注意下さい。

そもそも、プリンセスたちはどのぐらい出てくるの?

『シュガー・ラッシュ:オンライン』 (C)2018 Disney. All Rights Reserved.

「プリンセスが出ると言っても、カメオ出演的にチョイ役なんじゃないの…?」と思っている、そこのみなさん。

プリンセスたち、かなりガッツリとストーリーに絡んできます。

驚きの結末へとヴァネロペを導く、重要なセリフ。

そして終盤での、とあるキャラクターの救出劇…!

小ネタや自身の映画ネタをギャグ的に挟みつつも、オリジナルの魅力を失うことなく、リスペクトを感じさせる描かれ方でした。

時代によって描き分けられるプリンセスたち

時代によって変化するプリンセスたちは、本作でも少し違いが見られました。

白雪姫、シンデレラ、オーロラなど、1930年代~登場のプリンセスは、あまり前に出ず、控えめで夢見がち。

アリエルやジャスミン、ムーランなど、1980年代~のプリンセスたちは、自分の意思をはっきり持っており、モアナたち近年のプリンセスは、仕草などももはや男前!

常にオリジナルを参考にし、魅力を損なわないように心掛けて制作されたプリンセスたちは、どのプリンセスファンでも納得の出来だと思います。

声優陣も超豪華!

オリジナルを大切し制作されたプリンセスたちは、声優陣も本気の配役。

英語版では、オリジナルの声を演じた女優のうち、現役で活躍する11名(白雪姫、シンデレラ、オーロラ以外)が、それぞれの声優を務めるために集結!

演じるプリンセスを知り尽くし、深い愛情を持つ声優陣と、アニメーションスタッフが連携を取り、身のこなしや話し方を相談しながら、アニメーション化されて行ったそうです。

もちろん、日本語吹き替え版も…

プリンセスたちの日本語吹替も、松たか子さん、中川翔子さん、小鳩くるみさん、すずきまゆみさんなど、オリジナル声優陣が集結しています。

これも、プリンセスファンにはたまらない!

字幕でも吹替でも、どちらでも楽しめる…とは思いますが、広大なインターネットやカメオ出演のディズニーキャラクターなど、とにかく視覚的な情報も多い本作。

せっかく劇場に観に行くのであれば、画面いっぱいの広大な世界を堪能できる、吹替版がおススメです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます