ソニー、光学30倍ズームレンズ搭載で世界最小のコンデジ2機種

2015.5.20 20:26配信
「DSC-HX90V」(左)と「DSC-WX500」

ソニーは、コンパクトデジタルカメラ「サイバーショット」の新製品として、光学30倍ズームレンズを搭載デジカメとして世界最小を実現した「DSC-HX90V」と「DSC-WX500」の2機種を6月5日に発売する。価格はどちらもオープン。

どちらの機種も、35mmフィルム換算の焦点距離が24~720mmの光学30倍ズームレンズ「ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ」を備えたコンパクトデジタルカメラ。新設計のレンズによってコンパクトサイズを実現するとともに、高精度な手ブレ補正や、全画素超解像ズーム対応による最大60倍ズームに対応する。

有効画素数1820万画素の「Exmor R」CMOSセンサによって、夜景や暗いシーンでも高解像で描写でき、処理能力を向上した画像処理エンジン「BIONZ X」によって、細部まで高精細な画質を実現した。

「サイバーショットシリーズ」としては初めて、デジタル一眼「αシリーズ」で採用する高速・高精度な「ファストインテリジェントAF」を備えており、約0.09秒の高速AF(オートフォーカス)を実現する。さらに、空間被写体検出アルゴリズムを進化させることでレンズ駆動制御を最適化して、被写体の動きを予測して合焦することによって、一瞬のシャッターチャンスを逃さず撮影できる。

動画撮影機能では、従来のAVCHDに加えて、プロ用のXAVCフォーマットを民間用に拡張したXAVC Sも採用し、動きが多いシーンでも50MbpsでフルHD(解像度1920×1080)/60pのハイビットレート撮影や、原音に近い高音質リニア音声圧縮に対応する。

本体には、構図を確認しながら自分撮りができる180°チルト液晶モニタを搭載。無線LANとNFC(近距離無線通信)によってスマートフォンやタブレット端末と簡単に接続して、写真や動画などを転送できる。また、アプリケーションダウンロードサービス「PlayMemories Camera Apps」の「マイベストポートレート」「スマートリモコン」「スマートフォンシンク」の3つのアプリケーションに対応する。

対応メディアは、メモリースティック デュオ/メモリースティック PRO デュオ/メモリースティックPROデュオ(High Speed)/メモリースティック PRO-HG デュオ、SDXC/SDHC/SDカードで、UHS-IのSDXC/SDHCカードにも対応する。

「DSC-HX90V」は、収納式ファインダーを採用。サイズは幅102.0×高さ58.1×奥行き35.5mmで、重さは約245g。税別の実勢価格は5万5000円前後の見込み。

「DSC-WX500」は、サイズが幅101.6×高さ58.1×奥行き35.5mmで、重さは約236g。カラーは、ブラック、ホワイト、レッドの3色。税別の実勢価格は4万3000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング