「Yahoo! JAPAN」アプリ、音声認識に人工知能

2015.5.21 14:2配信

ヤフーは、自社開発の音声認識エンジン「YJVOICE(ワイジェイボイス)」に人工知能技術「ディープラーニング」を実装し、認識精度を大幅に改善した。5月19日から、「Yahoo! JAPAN」アプリなど18のアプリ・ウィジェットに導入し、精度が向上した音声認識機能が利用できるようになった。

Yahoo! JAPANで「ディープラーニング」をサービスへ実装したのは、音声認識エンジン「YJVOICE」が初めて。「YJVOICE」に「ディープラーニング」を実装したことで、特に騒音下での認識精度が向上した。従来は、騒音などの影響によって一定の場面で誤認識していたが、そのうちの約1/3で精度が改善された。例えば、駅ホームでの「Yahoo!乗換案内」、街頭での「音声検索」などで従来に比べてより快適に利用できる。

精度が向上した音声認識機能が利用できるのは、iOS用とAndroid用の「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!音声アシスト」「Yahoo!カーナビ」「Yahoo!地図」「Yahoo!乗換案内」の計10アプリ、iOS用の「音声検索」「GYAO! KIDS」「Yahoo!ショッピング」の3アプリ、Android用の「Yahoo!ブラウザー」「Yahoo! JAPANウィジェット」「Yahoo!検索ウィジェット」「Yahoo!ファイナンス」「Yahoo!あんしんねっと」の3アプリ、2ウィジェット。

「ディープラーニング」は、脳神経細胞の働きを工学的にモデル化した手法で、人工知能の分野で大きな注目を集めている技術。さまざまな事例を学習させるための膨大なデータが必要になる。Yahoo! JAPANでは、「Yahoo!検索」や「音声検索」などで蓄積したビッグデータを生かして、2013年に研究を開始。また、東京工業大学の篠田研究室(篠田浩一教授)との共同研究なども進めている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング