田辺誠一、中学時代に“画伯”の才能開花? 「モネ展」オフィシャルサポーター就任

2015.5.21 17:3配信

「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」記者発表会が21日、東京都内で行われ、オフィシャルサポーターを務める俳優の田辺誠一が出席した。

「かっこいい犬。」など特徴的なイラストを自身のツイッターに掲載したことをきっかけに“画伯”としても人気の田辺は、オフィシャルサポーター就任に「そんな大役をやらせていただいていいのかと、びっくりしました」と驚きを語るとともに「僕は絵を描いているので、皆さんとの橋渡しをお手伝いできるのではと思って、喜んでお返事しました」と意気込んだ。

 田辺は「モネさん自身の絵を描いてくださいということだったので」と自身が描いた「かっこいいモネ。」をお披露目。制作時間は「5分でさくっと勢いで。液晶タブレットのパソコンにペンで描きました」と明かし、「優しさやおおらかさみたいなものをイメージしました。あれだけ睡蓮を描いていたので、乗りたいんじゃないかと」とポイントを説明した。

 「モネ展」では田辺が描いた絵画も展示されるといい、「昨日画材屋さんに行ってキャンバスと絵の具を買いました。モネさんのお人柄、印象派の明るさと軽やかさと睡蓮とジャポニズムを、モネさんが日本に来たらどんな気持ちかというイメージで描きたい」と構想を語った。

 また「中学の美術の先生から『この子は美大に行かせなさい』と言われていたことを最近になって父親から聞きました」と、実は才能が認められていたことを明かした田辺。「お仕事として依頼を受けたり描いたりするなんて、半年前まで予想さえしていなかった」と語りながらも「かっこいいモネ。」を指して「これじゃあ就職も大変だと思うし、だから父は伏せていたんだと思う。確実に食べていけないですよね」と笑わせた。

 展覧会は東京都美術館で9月19日からスタート。その後福岡、京都、新潟で開催される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング