国内初のLTE対応プロジェクター、ソフトバンクモバイルがZTEの製品発売

2015.5.21 17:16配信
モバイルシアター

ソフトバンクモバイルは、国内では初めてLTEに対応したZTEのAndroid搭載モバイルプロジェクター「モバイルシアター」を、9月以降に発売する。価格は未定。

同製品は、最大120インチ、200lm(ルーメン)の映像投影ができるモバイルプロジェクター。MiracastやHDMI接続に対応し、スマートフォンなどの画面を投影できるほか、スピーカーも備えている。モバイル型なので、自宅だけでなく外出先に持ち出して使ったり、ビジネス用途としても利用可能だ。

OSにはAndroid 4.4.4を採用し、スマートフォンやタブレット端末のようにアプリも利用でき、アプリ画面のプロジェクターでの投影にも対応する。

通信方式は、「SoftBank 4G LTE」と「SoftBank 4G」に対応し、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANにも対応しているので、モバイル無線LANルータとしても使える。このほか、Bluetooth 4.0にも対応している。

本体には、5インチ液晶ディスプレイ(解像度1280×720)、2GBのメモリ、16GBのストレージを搭載し、対応メディアは64GBまでのmisroSDXCカード。バッテリ駆動時間は約3時間。サイズは幅134.0×高さ131.0×奥行き33.3mmで、重さは約579g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング