15インチのMacBook Proにも新感圧パッドを搭載、安価な5KモデルのiMacも

2015.5.21 18:47配信
MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(15インチ)

アップルは5月20日、15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルに、新たに感圧タッチトラックパッドを搭載し、各種スペックを向上した新機種を発売した。また、27インチのiMac Retina 5Kディスプレイモデルの新機種も同時発売する。

新しい15インチのMacBook Pro Retinaディスプレイモデルは、すでに発売済みの13インチモデルと同様の感圧タッチトラックパッドを採用し、どの位置でも一貫性のあるクリックができ、タッチ感度のカスタマイズによってクリック認識に必要な圧力を調整できる。また、「強めのクリック」など、さまざまなジェスチャーをサポートする。

このほか、スループットが最大2Gbpsで、従来機種と比較して最大2.5倍高速なフラッシュストレージを採用するとともに、バッテリ駆動時間を向上するなど、より高い基本性能を実現した。

15.4インチワイドRetinaディスプレイ(解像度2880×1800)、16GBのメモリを搭載し、インターフェースはThunderbolt 2×2、USB3.0×2、HDMI出力×1、SDXCカードスロット、720p FaceTime HDカメラなどを備える。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはMac OS X Yosemite。バッテリ駆動時間は最大9時間。サイズは幅35.89×高さ1.8×奥行き24.71cmで、重さは2.04kg。

ラインアップは、2.2GHzのCPU搭載モデルと、2.5GHzのCPU搭載モデルの2モデル。2.2GHzモデルは、CPUに2.2GHz駆動のインテルCore i7を採用し、256GBのフラッシュストレージを搭載する。税別価格は22万4800円。

2.5GHzモデルは、CPUに2.5GHz駆動のインテルCore i7、グラフィックスにAMD Radeon R9 M370Xを採用し、512GBのフラッシュストレージを搭載する。税別価格は28万2800円。

なお、CTOオプションとして、4.0GHz駆動のインテルCore i7プロセッサ、1TBのフラッシュストレージを用意する。

iMac Retina 5Kディスプレイモデルの新機種は、CPUに3.3GHz駆動のインテルCore i5、グラフィックスにAMD Radeon R9 M290を採用し、27インチワイドRetinaディスプレイ(解像度5120×2880)、8GBのメモリ、1TBのHDDを搭載する。インターフェースはThunderbolt 2×2、USB3.0×4、1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠の有線LANポート×1、SDXCカードスロット、FaceTime HDカメラなどを備える。

無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.0。OSはMac OS X Yosemite。税別価格は23万8800円で、さまざまなCTOオプションも用意する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング