無線LAN搭載のハンディスキャナ、microSDへの保存も可能

2015.5.22 11:59配信
ワイヤレススキャナ(OCR搭載・ワイヤレス・iPhone/スマホ転送可能) 400-SCN017BK

サンワサプライは、無線LAN機能を搭載し、スマートフォンとワイヤレスで接続できるコンパクトハンディスキャナ「ワイヤレススキャナ 400-SCN017BK」を発売した。オンラインショップのサンワダイレクト限定で販売する。税別価格は1万1852円。

Wi-Fi経由でiPhone/Android搭載スマートフォンとワイヤレス接続し、専用アプリ「DirectScan」でスキャンできる。スキャンデータはダイレクトにスマホに転送され、すぐに確認、データ化が可能だ。スキャンしたデータはアプリ経由でメール添付やスマホ本体へ保存ができる。ワイヤレスかつ電池式なので、室内だけでなく外出先でも手軽に使える。

対応フォーマットはJPEGとPDFで、解像度は900dpi/600dpi/300dpiを選択できる。また、スキャンサイズはA4、B5、ハガキ、写真、名刺サイズなど、さまざまな大きさに対応する。

本体を付属ケーブルでPCに接続して、専用ソフト「Magic Scan」を使えば、ExcelやWord、メモ帳にスキャン画像を直接貼りつけることができ、「Magic Scanモード」ではOCR機能にも対応する。このほか、本体背面のスイッチを切り替えれば、スキャンデータをmicroSDカードに保存できる。

インターフェースはUSB2.0×1基を備え、IEEE802.11g/n準拠の無線LANに対応する。対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista、Mac OS X 10.4~10.10、iOS 5.0以降、Android 4.0以降。電源は単4形アルカリ乾電池×4本。サイズは幅256.0×高さ31.5×奥行き26.2mmで、重さは約159g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング