麦めしも炊ける、タイガー魔法瓶の土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE 炊きたて>

2015.5.22 12:5配信
土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE 炊きたて>

タイガー魔法瓶は、調理家電ブランド「GRAND Xシリーズ」から、炊飯器「土鍋圧力IH炊飯ジャー<THE 炊きたて>」2モデルを6月21日に発売する。カラーは、フロストブラックとフロストホワイトの2色。

側面IHによる大火力発熱を土鍋に伝える「遠赤大土かまど」と、口絞り構造による熱対流で効果的に釜全体を加熱する「プレミアム本土鍋」の二重発熱構造から成るIH炊飯器。かまど炊きの力強い火力を再現し、新しい加熱プログラムで、炊きあげ時の加熱量が約8%向上し、かめばかむほどにじみでる甘みを実現した。また、炊きあげ時に1.25気圧の圧力をかける「可変W圧力」によって、お米にねばりともちもちとした弾力を引き出す。

炊飯メニューには、業界ではじめて「麦3割」をおいしく炊ける「麦めし」メニューを採用。白米と大麦の特性に合わせたプログラムでにおいを抑制し、毎日食べ続けることができるおいしさを実現する。「麦1割」と「麦3割」専用の軽量カップが付属し、「プレミアム本土鍋」には、麦めし専用の水位線を設けた。

このほか、お米の質に応じて、炊きあがりのねばり加減を選べる「米(マイ)チューニング機能」を備え、「仕上り」ボタンで「しゃっきり」から「もっちり」まで、好みに合わせて炊きあげることができる。

本体には、人が近づくと使用時に必要なキーやメニューが点灯する「モーションセンサー」と「タッチパネル」を搭載。デザイン性と快適な操作性を両立した。操作を確認できる「音声ガイド」も備える。

価格はオープンで、5.5合炊きの「JPX-A101」が13万円前後、3.5合炊きの「JPX-A061」が12万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング