白石麻衣、三度目の正直で“ノーバン投球” 「ボールだったので80点」

2015.5.26 20:00配信
 セ・パ交流戦の開幕戦で始球式を行った白石麻衣

 乃木坂46の白石麻衣が26日、東京都内の明治神宮野球場で行われた「日本生命セ・パ交流戦」開幕戦、東京ヤクルトスワローズ対北海道日本ハムファイターズの試合で始球式を行った。

 交流戦の新キャラクター「セパコ」ちゃんに扮(ふん)して登場した白石。投じたボールは見事にノーバウンドでキャッチャーミットの中に。白石は満面の笑みでスワローズのマスコットのつばみに駆け寄り、ハイタッチで喜び合った。

 三度目の始球式で初めて“ノーバン投球”を達成した白石は、その後の取材で「今までの中で一番緊張したんですが、自分でもやっと納得のいく投球ができたかなと思う」とホッとした表情を見せた。

 前回の始球式は「46点」と自己採点していたが、今回は「80点ぐらい」と回答。「あとの20点は?」と聞かれると「ボールだったので…」と残念がり、笑いを誘った。

 投球前には「選手の方と軽くキャッチボールをさせてもらった」という白石。かつてソフトボール部でセカンドを守っていたというが「投げるのと打つのとどっちが好き?」という質問には「断然打つ方」と即答した。

 また、間近に迫った「第7回AKB総選挙」の話題で、「もし自分が出たら何位だと思う?」という質問が出ると「私は圏外でいいです。(そもそも)出ることはまったく頭にないので…」と戸惑いを見せながらも、予想を求められると「速報で(HKT48の)指原(莉乃)さんが1位だったので、もしかしたら…と。どうなるか楽しみです」と期待を寄せた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング