でんぱ組.inc、学生時代を振り返る 最上、自分で校則作るなら「女子は全員ミニスカ」

2015.5.27 19:59配信
(左から)夢眠ねむ、相沢梨紗、古川未鈴、最上もが、藤咲彩音、成瀬瑛美

 映画『白魔女学園 オワリトハジマリ』の完成披露上映会が27日、東京都内で行われ、主演したアイドルグループ、でんぱ組.inc(夢眠ねむ、相沢梨紗、古川未鈴、最上もが、藤咲彩音、成瀬瑛美)が登壇した。

 本作は、2013年にでんぱ組.incを主演として製作された「特撮ヒロインムービー」の第2弾。この日のイベントにはメンバー全員が、劇中と同じ“白魔女コスプレ”をして登壇した。

 学園を舞台にした同作にちなみ、自身の学生生活の思い出を聞かれたメンバーたち。「あはは」と乾いた笑い声を上げた成瀬が「本当に昔からおたくだったので、教室の隅っこで、一人漫画を描いてました」と恥ずかしそうに告白すると、藤咲も「通信簿は10段階評価で、あひるさん(2)がいっぱい並んでいたぐらい、勉強ができなかったですね」としょんぼり。

 続いて、最上も「保健室によく通っていました」と明かすと、夢眠も「女子校だったけど教室の思い出がない。美術部に6年間入っていましたが、受験勉強しかしてなかったです」と苦笑い交じりに回想した。

 一方、「もし自分で校則を作れるとしたら?」との質問に、最上は「制服は大前提で欲しいとして、女の子は全員ミニスカがいい。ちゃんと太ももを見せてほしい」と熱望。また、学生時代は「毎日日傘を差して通学していた」という相沢も「制服とか自由な学校ってあるけど、そういった(ファッションを)セルフプロデュースしなきゃいけないという校則があったらいいな。自分の好きな髪形でコスプレしてもいいし、みんな個性的になって面白い」と持論を展開していた。

 映画は6月13日から全国公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング