携帯サービス「mineo」、ドコモ回線プラン追加に

2015.5.27 20:8配信
友人や知人とパケットを送りあえる「パケットギフト」機能も提供

ケイ・オプティコムは5月26日、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」にNTTドコモ回線を利用したプランを追加し、9月に提供を開始すると発表した。加えて、「パケットギフトサービス」や海外渡航者・訪日外国人向けにプリペイドSIMの提供と、mineoアンテナショップの設立についても発表した。

KDDI(au)回線を利用したMVNO(仮想移動体通信)サービスに、9月からドコモ回線を追加し、ユーザーの選択肢を広げる。同一住所に住む家族間で余ったパケットがシェアできる既存の「パケットシェア」機能も拡充した。家族内で異なるキャリアを利用している場合にも対応するほか、友人や知人とパケットを送りあえる「パケットギフト」機能も提供する。au回線同士、ドコモ回線同士に加え、auとドコモのプラン間でもパケットを送ることができる。

ドコモ回線を利用したプランを提供するほか、各種サービスも開始する。7月1日からは、最低利用期間を撤廃した。短期間でmineoから他社へMNP(携帯電話ナンバーポータビリティ)で転出する場合には、解約精算金相当の手数料を設定する。同月中旬には、JR大阪駅前の大型商業施設「グランフロント大阪」内の「ナレッジキャピタル」にアンテナショップをオープン。今冬を目標に、端末やアクセサリの販売、契約受付、MNP対応、mineoに関するサポートまで実施する。チャットで直接オペレーターに質問ができるバーチャルショップについては5月26日に開設した。

9月からは、海外渡航者向けプリペイドSIMの販売を開始する。アイルランドのキュービックテレコムと協業し、世界約200か国での利用に対応。大手携帯キャリアのローミングサービスよりも低価格で提供する。10月からは、外国人旅行者を対象に、ドコモプランを利用したプリペイドSIMを販売する。パッケージ内の説明を外国語で表記するほか、専用のコールセンターを設置し、多言語でのサポートに対応する。

mineoサービスの開始1周年を記念して、既存ユーザーと6月中に契約したユーザーを対象にキャンペーンを実施する。契約事務手数料が不要になるエントリーコード5つを無料でプレゼントするほか、大阪マラソン出走権が5人、ギフト券3000円分が1000人に当たる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング